※現在長期休廊させていただいております。
イベントスペースなどにご利用になりたい方は下記のメールアドレスまでご連絡お願い致します。
gallery@paper-intelligence.com


 
PAINT50 vol.4
 2016年11月22日(火)~12月17日(土) 

50人の画家による展覧会「PAINT50 vol.4」
毎年恒例の「PAINT50」、今年も開催します!
才能溢れる50人の画家たちの競演をぜひご覧ください。
◆期間 : 2016年11月22日(火)~12月17日(土)
◆入場無料
◆クロージングレセプション:12月17日(土)16時~18時(@1500円)
◆出展アーティスト(50音順):
1.Atsuko
2.あとりえこ
3.AND THROUGH DESIGN
4.池永梨乃
5.大崎高裕
6.ogasun
7.Kazutaka Hirota
8.梶田孝史
9.春日葉子
10.鏑木ひとみ
11.上林礼和
12.栗原永輔
13.五藤亜希
14.後藤美桜
15.酒井崇
16.渋田薫
17.ジミー・タナカ
18.関 徹郎
19.そめやじゅん
20.SORACHIKA
21.ta-co
22.田口綾子
23.CHIKAKOOI
24.辻 義弘
25.津田直子
26.TORICA
27.中川沙綾香
28.中田孝一 
29.ノムラカツキ
30.Pablo Mesa Penalver
31.蛤谷 可乃
32.ひ
33.平子暖
34.平野智久
35.古川和美
36.枡田 奈津井
37.真野丘秋
38.まりりんご
39.みそけい
40.宮川マサアキ
41.宮本りこ
42.村松真砂子
43.安本香織
44.柳 哲也
45.やまざきゆうみ
46.umo
47.理々井華鈴
48.Linda Kawakami
49.London & Rikako
50.渡邊あ衣

<a>

 
Photo Exhibition 其処に在る光
2016年10月15日(火)- 10月22日(土) 

内山詩央里/遠藤純弘/田中たえ/月永進/DAISUKE 5人のアーティストによる
東海地方に所縁のある写真家による「光」をテーマとしたグループ展

■期間:2016年10月15日(火)- 10月22日(金)
■入場無料
■営業時間:火曜-金曜 11:00~18:00
      土曜12:00~18:30
      休廊:日曜・月曜
■場所:PIギャラリー 
■住所:〒456-0022 愛知県名古屋市熱田区横田2-2-9 倉庫1階(駐車スペース有)
■TEL/FAX:052-228-7587
■Email:gallery@paper-intelligence.com
■HP:www.pigallery.com
 
■オープニングレセプション有り
10月15(土)16:00~18:00までオープニングレセプション開催します!
参加無料
お誘い合わせの上是非ご参加くださいね。

—–Artist Profile————————————————-

■内山詩央里(Uchiyama Shiori)
1992年生まれ。三重県出身、愛知県在住。
HP:http://dnim0202.wixsite.com/shioriuchiyama
Mail:dnim0202@gmail.com

■遠藤 純弘(えんどう すみひろ)
岐阜県生まれ
学生時代より趣味として友人や旅先で写真を撮って楽しい日々を送る。
大学卒業後、地元の企業に就職するも退職し名古屋の写真事務所に所属する。
2011年に大阪で独立。
人物撮影、料理撮影、商品撮影、企業パンフレット、ウェディング、舞台撮影など様々な分野の仕事をこなす。
2013年長女が誕生。生まれた日から時間があれば娘を撮影する日々を過ごす。
写真を振り返った時、一緒にいるからこそ解りづらかった日々の成長に驚きと感動を覚え、娘の写真を残すことがライフワークとなる。
HP
canvas-photoworks.com
instagram
canvasphotoworks
FB
canvasphotoworks

■田中たえ / tae tanaka
横浜市生まれ
ミシガン大学 デザイン・美術学部留学
京都精華大学 芸術学部卒業

三重県桑名市在住

■月永進
フォトグラファー。1986年生まれ 愛知在住、独学で写真をはじめる。

「事象や物事の折り重なりによって形作られる世界」を主なテーマとする。
自然発生的に生まれ均衡の保たれているこの世界のあり方に神秘性を感じ、その世界が描き創り出す風景を通してその根幹に触れたいという想いから、主に風景、自然を対象に撮影をしている。

また出力媒体に和紙を使用し、和紙独特の風合いとモノクロ写真を組み合わせて
風景を描き出している。

HP:

http://www.shintukinaga.com/

Facebook:

https://www.facebook.com/shintukinaga.page/

mail:
eternalmemory.s@gmail.com

■DAISUKE
@FM Personality (ex.FM愛知)
大人になるために勉強中

 
CHIC CHICKS 田中日沙野 / 池永梨乃 / 岡部清香
2016年8月23日(木)- 9月16日(金) 

おしゃれで小粋な現代女性作家のグループ展

タイトル『CHIC CHICKS』とは?
CHIC(仏・シック)とは垢抜けた・おしゃれな・粋な
CHICK(英・チックス)雛・ヒヨコ・若い女性

作品のみならず、彼女たち自身そしてライフスタイルをも影響を与えるトータルクリエイター。
現在を斬新に生き、未来を牽引するアート界の雛たち・・
そんなパワフルに生きる若き現代女性アーティストたちにスポットを当ててみました。

出展作家:田中日沙野/池永梨乃/岡部清香 

■期間:2016年8月23日(火)- 9月16日(金)
■入場無料
■営業時間:火曜-金曜 11:00~18:00
      土曜12:00~18:30
      休廊:日曜・月曜

■場所:PIギャラリー 
■住所:〒456-0022 愛知県名古屋市熱田区横田2-2-9 倉庫1階(駐車スペース有)
■TEL/FAX:052-228-7587
■Email:gallery@paper-intelligence.com
■HP:www.pigallery.com
 

■オープニングレセプション有り

8月20(土)16:00~18:00までオープニングレセプション開催
参加無料
お誘い合わせの上是非ご参加くださいね。

■作家在廊日
8月20日(土)、27日(土)、9/3(土)、9/16(土)

■Artist profile

田中日沙野
1984年 長野県生まれ
2005年 女子美術大学芸術短期大学部絵画コース 卒業
2007年 女子美術大学芸術学部絵画学科洋画専攻 卒業
2013年 グループ展「1984のアトリエ」茅野市民館
2013年 リキテックスアートプライズ 入選・作品展 3331 Arts Chiyoda
2014年 第10回全国公募西脇市サムホール大賞展 入選・作品展 西脇市岡之山美術館
2015年 トーキョーワンダーウォール2015 入選・作品展 東京都現代美術館
    
大学卒業後は、絵画に加え、絵本やイラストなどの制作も行っている。

http://www.tanakahisano.com/#!artwork/cowp

———————————————————- 

池永梨乃
1992年生まれ

コンセプト
私の絵の中には、身体の一部分、歯茎、植物など、
自然で有機的な造形をしたモチーフが登場します。
それらは、どんな時代においても私たちの一部であり、
太古の歴史、生命の根源と現代に生きる私たちを繋げます。

rinoikenagaworks.net
———————————————————-
 
岡部清香

PROFILE
1985年 岡山県倉敷市生まれ
2008年 尾道大学芸術文化学部美術学科卒業
2010年 尾道大学大学院美術研究科絵画研究分野修了
現在 油彩の絵画制作を中心とした美術家として活動中

AWARDS
2008年 小林和作奨励賞 受賞
2012年『第17回 三菱商事アート・ゲート・プログラム』入選
  『シェル美術賞2012』入選
2014年『シェル美術賞2014』入選

SOLO EXHIBITION
2010年『FIRST』Gallery Q,東京
2011年『LETTERS』ギャラリー檜C,東京
2012年『LIFE』SIGHT BOX Studio & Gallery,東京
2014年『DRAMA』ギャラリー檜B,東京
2016年『ROOM』ギャラリー檜C,東京

GROUP EXHIBITION
2011年『Cool Position』Gallery Q,東京
2012年『三菱商事アート・ゲート・プログラム』EYE OF GYRE,東京
  『シェル美術賞展2012』国立新美術館,東京
2013年『Exhibition of Brightness』Gallery Q,東京
2014年『In focus 5』尾道市立大学美術館,広島
  『シェル美術賞展2014』国立新美術館,東京
2015年『SHKBUYA AWARDS』渋谷ヒカリエ,東京
  『PAINT50 vol.3』PIギャラリー,愛知
2016年『Chic Chicks』PIギャラリー,愛知

http://www.geocities.jp/okabesayaka/

 

アダム・ウェストン(抽象画)展
Adam Weston ‘New Beginning’

2016年7月21日(木)- 8月12日(金) 

森羅万象の世界をテーマにした アダム・ウェストン(抽象画)展
Adam Weston ‘New Beginning’を開催いたします。
地球上に存在しているすべての物事との関連性に興味を持ち、これらに繋がる一連の模様、葉脈や、木の根、海の中の珊瑚、神経細胞、血管、、、命あるものすべて(地球、宇宙など含め)はある模様によってつながっているという事実をテーマにすべてのつながりを表現した作品。自然や生命、地球に対して敬意の念、そして感謝の気持ちをアダム・ウェストン氏の作品を通して是非感じて欲しい。

■期間:2016年7月21日(木)- 8月12日(金)
■入場無料
■営業時間:火曜-金曜 11:00~18:00
      土曜12:00~18:30
      休廊:日曜・月曜
■場所:PIギャラリー 
■住所:〒456-0022 愛知県名古屋市熱田区横田2-2-9 倉庫1階(駐車スペース有)
■TEL/FAX:052-228-7587
■Email:gallery@paper-intelligence.com
■HP:www.pigallery.com
 

■オープニングレセプション有り

*7/21(木)16:00~18:00 オープニングレセプション&アーティストトーク(参加費:無料)
*7/23(土)13:00~14:30 アーティストトーク(参加費:無料)

■アダム・ウェストン在廊日
7/21(木) 7/22(金) 7/23(土)
(上記期間中、限定版画作品をご購入のお客様へ、会場にて直筆サインをお入れいたします。)

■アダム・ウェストン HP
www.adamwestonart.com

■Adam Weston Biography

2015
“Adam Weston – 生命の鼓動” 個展 – 企画展(高松市塩江美術館 / 高松)
新・朦朧主義展 第三回 企画展(東京画廊・BTAP 北京東京藝術工程 / 北京)

2014
“Deep Space” アダムウェストン展 個展 – 企画展 (Reijinsha Gallery / 銀座)
コシノジュンコ OPA! 陽気な黙示録 企画展(伊藤忠青山アートスクエア/ 青山)

2013
“アダム ウェストン ワールド” アダムウェストン展 個展 – 企画展 (松屋銀座 / 銀座)
“生命の根幹 – アダムウェストン × 佐々木 里加 × 田中 正巳” 三人展 – 企画展 (Reijinsha Gallery / 銀座)
“FLOW “アダムウェストン展 個展 (Oギャラリー / 銀座)

2011
フジテレビ スーパーニュース「スーパー特報」ドキュメンタリー 出演
“YELL” 展 東北地方太平洋沖地震支援 出展(香川県)
“ELEMENTS” 二人展 – 企画展 (Tokiwa Art Gallery / 高松)
源平屋島現代美術展 (ギャラリーアコスタージュ / 高松)
森の展覧会(東京都杉並区)
“へんないきもの” 三人展 – 企画展(高松市塩江美術館 / 高松)
“Far Away So Close” 展の企画・出展(Salon De Rubis / 高松市)

2010
若竹屋酒造場 元禄蔵にて個展(福岡県久留米市)
NHK 北九州ニュース 出演
深川いっぷく堂にて個展(東京都江東区)
高松市主催、選出アーティストに選ばれにて個展 – 企画展
(瀬戸内国際芸術祭実行委員会後援) (Sottoprodotto香川県高松市)

2009
灸まん美術館にて企画展 出展(香川)
NHK インターナショナルブロードキャスト「熱中時間」出演

2008
灸まん美術館にて企画展 出展(香川)
宇野家にて企画展 出展(香川)

2007
灸まん美術館にて企画展 出展(香川)
宮脇画廊にて夫婦二人展 企画展(香川)
KSB テレビニュース「カメラマンリポート」番組 出演
NHK テレビニュース「カメラマンリポート」番組 出演
工房 西ノ谷にて企画展 出展(香川)

2006
RNC テレビニュース「道を歩けば」番組 出演
灸まん美術館にて企画展 出展(香川)
工房 西ノ谷にて企画展 出展(香川)

2005
Quiet Storm にて常設(香川)
NYアートスタジオ(スクール)設立(香川)
テプコ浅草館 個展- 企画展(東京都台東区)

2004
個展を機に活動の拠点を日本に移す
宮脇画廊にて展示(香川)
ギャラリーde Mou ショップにて夫婦二人- 企画展(香川)

1985-1986
パーソンズ スクール オブ デザイン美術大学(NYC)

1980-1984
スクール オブ ビジュアルアート美術大学(NYC)

1963
ニューヨーク • マンハッタン生まれ

2016年現在NYを拠点にNJ、ハワイ、香川にスタジオを構え活動

</a>

 


JAM FACE CLUB Ryohei Sugiura Exhibition
2016年6月28日(火)- 7月15日(金)

_________________________________

JAM FACE CLUB
Ryohei Sugiura Exhibition

お待たせしましたRyhohei Sugiura Exhibition今年も開催いたします!
アメリカンコミック・アメリカンムービーに出てくるモンスターにインスパイアされスケートボードを乗り回して育った幼少期。
そんな彼の描き出すイラストはストリート感満載でここは日本であることを忘れてしまうほど隅から隅までアメリカンナイズされています。
今回はエアブラシを使用してエッジにこだわった作品を中心に、
以前から制作を続けている鉛筆画やシルクスクリーン作品等を展示します。
新作Tシャツや作ZINE(小作品集)の販売もお楽しみに!

■期間:2016年6月28日(火)- 7月15日(金)
■入場無料
■営業時間:火曜-金曜 11:00~18:00
      土曜12:00~18:30
      休廊:日曜・月曜
■場所:PIギャラリー 
■住所:〒456-0022 愛知県名古屋市熱田区横田2-2-9 倉庫1階(駐車スペース有)
■TEL/FAX:052-228-7587
■Email:gallery@paper-intelligence.com
■HP:www.pigallery.com
 

杉浦リョウヘイ
Sugiura ryohei
1986年愛知県生まれ
名古屋造形芸術大学卒業
キャラクターを主としたイラスト、zine,Tシャツを制作している。

■受賞歴
2015 Here is ZINE Tokyo 11入選
2010 SHIFT2011 カレンダーコンペティション
2010 CODE ポスターデザインコペディション グランプリ
2007 A-net compilation store ポストカードデザイン グランプリ
2007 CBC TV主催「二十歳の記憶展」愛知県教育委員会賞

■展覧会
2016.6 PIgalleryにて個展「JAM FACE CLUB」
2016.5 六本木ヒルズA/Dスペースにてエンライトメント主催HILLS ZINE MARKET参加
2015.11 トーキョーカルチャートby BEAMSにて「Here is ZINE Tokyo 11」参加
2015.5 PIgalleryにて個展「MUTAGEN」
2013.8 PIgalleryにて個展「binboi」
2012.9 PIgalleryにて個展「BAT21」
2012.4 woodland gallery
2012.5 460 foursixty exhibition
2012.8 オーストラリアMe&Artギャラリーにて「POP JAPAN」
2010.9 文化フォーラム春日井・ギャラリーにてアニメーションを出展
2010.7 hinten「1000hinten」
2010.6 star gallery「100yen shop weapons」

----------------------------------------------------

 


CRAZY3 中村紋子 柳武志 小田早人
2016年5月24日(火)- 6月17日(金)

_________________________________

CRAZY3 中村紋子 柳武志 小田早人

絵画3人展『CRAZY3』を開催します。
出展作家3名は作品1枚1枚に緻密な書き込みをし続けています。
それは、常人には到底できないような拘り様なのかもしれません。
描かれた人物たちはそれぞれに生きているかのような個性を持ち、
絵の中でそれぞれの生活を送っています。
本展では、三者三様の摩訶不思議な世界観の作品たちを展示販売いたします。
皆様、是非ご高覧ください。

■期間:2016年5月24日(火)- 6月17日(金)
■入場無料
■営業時間:火曜-金曜 11:00~18:00
      土曜12:00~18:30
      休廊:日曜・月曜
■場所:PIギャラリー 
■住所:〒456-0022 愛知県名古屋市熱田区横田2-2-9 倉庫1階(駐車スペース有)
■TEL/FAX:052-228-7587
■Email:gallery@paper-intelligence.com
■HP:www.pigallery.com
 

中村紋子
Ayaco NAKAMURA
1979年埼玉生まれ。芸術家。写真と絵をメインに作品を制作し国内外で発表している。
作品には写真集Silence(リブロアルテ/2011)、潮目(ポット出版/2014)、
B GALLERYとBEAMS Tにて定期的に発表を続けている”USALYMAN”、
少年ジャンプに対抗し自力で発刊続けていた”週刊あやこ”など。
好きなものはアイス。特技は電波ですてきな芸術家を発見すること。

http://ayaconakamura.sub.jp/ayaconakamura/Top.html

柳武志     
Takeshi Yanagi
1983年埼玉県生まれ。2004年、文星芸術大学ビジュアルデザイン学科卒業
2009年 第166回ザ・チョイス入選
2010年 第27回ザ・チョイス年度賞入賞展示
2013年 『roomA roomB』南青山 gallery SPACEKIDS
2015年 『WA-KU、』埼玉県秩父 WAPLUS

小田早人
Hayato Oda
1972年宮崎県生まれ。 九州産業大学芸術学部卒業。 印刷・デザイン産業に身を置きつつ、様々な表現方法を模索。 2008年夏、本格的に現代美術の活動を開始する。 その時々に応じた作風で、ポップ・シュルレアリスム・コンセプチャルアート等、様々なジャンルに傾倒。ジャンルにこだわらず直感にて活動している。
第9・10回 リキテックスビエンナーレ 奨励賞 安珠賞・智内兄助賞
2001-2012 東京・上海・台北・NewYorkにて展示

http://www.odahayato.com/

----------------------------------------------------

 


広川泰士 写真展 「光の時像」-Image of Lights, Suspended in Time-
2016年4月26日(火)- 5月20日(金)

_________________________________

時は無形、止まることなく毎日過ぎ去っていきます。
もしも流れる時が目で見ることができたら・・
私たちはもう少し時間や空間そして存在に感謝をすることができるのでしょうか?
写真家・広川泰士は近年、時の流れを目に見えるものにする事に重点を置いてきました。
時間と空間を作品にし続けている広川泰士氏の最新作展
広川泰士 写真展 「光の時像」-Image of Lights, Suspended in Time-
がPIギャラリーにて開催されます。  
一時も止まる事のない波、風、そしてそれらに反射する陽光、月光をとらえ、浮かび上がった光の線画を時の経過として表現した作品を展示販売します。

■期間:2016年4月26日(火)- 5月20日(金)
■入場無料
■営業時間:火曜-金曜 11:00~18:00
      土曜12:00~18:30
      休廊:日曜・月曜

■場所:PIギャラリー 
■住所:〒456-0022 愛知県名古屋市熱田区横田2-2-9 倉庫1階(駐車スペース有)
■TEL/FAX:052-228-7587
■Email:gallery@paper-intelligence.com
■HP:www.pigallery.com
 

広川泰士
1950年神奈川県生まれ。
広告写真、TVコマーシャルなどで活躍する一方、
ザルツブルグ、パリ、ミラノ、アムステルダム、ロンドン、NY、LA,ヒューストン、
シドニー、東京他、世界各都市での個展、美術展への招待出展多数。
講談社出版文化賞、ニューヨークADC賞、文部科学大臣賞、経済産業大臣賞、
A.C.Cベスト撮影賞、他受賞

hirokawa810.com

----------------------------------------------------

 

 


『PHOTO SESSION#4』有志で集まったグループ写真展
2016年3月29日(火)- 4月23日(金)

今年で4回目開催することになりましたPIギャラリー合同写真展!

『PHOTO SESSION#4』有志で集まったグループ写真展

表現自由なノンジャンルでの企画はアーティストたちが個性を最大限に表現し、
写真の世界を限りなく繰り広げるグループ展
それが『Photo Session』

Photo SessionもVol.4を迎え年々パワーアップするアーティストたちの作品をどうぞご堪能ください。
一度に多くのアーティストの作品が楽しめる合同写真展!
皆様のお越しをお待ちしております☆

■場所(Venue) :PIギャラリー
■連絡先(Contact):〒456-0022 名古屋市熱田区熱田2-2-9倉庫1階
      TEL/FAX: (052)-228-7587
       gallery@paper-intelligence.com
       www.pigallery.com

■開催期間(Term)
2016年3月29日(火)~4月23日(土)
OPEN 11:00 CLOSE 18:00(火曜日~金曜日)
OPEN 12:00 CLOSE 18:30(土曜日)
日・月休み

■クロージングレセプション(Closing Reception)
4/23(土)16:00~クロージングレセプションを行います。
入場無料、誰でも参加OK、ささやかなドリンクとフードの振る舞いをさせていただきます。

お誘い合わせの上お気軽にご参加くださいね。

■出演アーティスト(Artist lineup)(50音順)
 

iflaps
太田智也
木村愛里
小枝克正
柴山香澄
白木羽澄
鷹巣由佳
福澄伸二
HIROTO TERANISI
Fu3a-eyes
ぷら
Yanagi Suzumi
Yukiko
YumeHime
Lovey

 

---------------------------------------------------

 

佐藤久美子展 「私の中では動いてる」
2016年3月1日(火)- 3月25日(金)

 

佐藤久美子展 「私の中では動いてる」

絵画・版画・コラージュなどの作品に女性らしい刺繍を施した作品の数々。
現代のもの、日本古来の文化、架空も動物、シュールなものなど登場人物は様々です。
そこへ刺繍を施すことによってすべては糸により物語は繋がっていくようにも見えてきます。今回は生物を題材にしたインスタレーションにも挑戦。
平面のみならず立体作品への刺繍が見物です。
絵画と刺繍とインスタレーションの融合の世界をお楽しみください。
 
■期間:2016年3月1日(火)- 3月25日(金)
■入場無料
■営業時間:火曜-金曜 11:00~18:00
      土曜12:00~18:30
      休廊:日曜・月曜
■場所:PIギャラリー 
■住所:〒456-0022 愛知県名古屋市熱田区横田2-2-9 倉庫1階(駐車スペース有)
■TEL/FAX:052-228-7587
■Email:gallery@paper-intelligence.com
■HP:www.pigallery.com
 

■オープニングレセプション
2016年3月5日(土)
16時~18時まで
参加無料

————————————————————

佐藤久美子
kumiko sato

<Artist Statement>

「私の中では動いてる」

地球上には、即知で約175万種の生物が存在し、
まだ知られていない生物はその数を容易に超える。
これらの生物は現実に存在しているとは思えない形態をし、魅力的である。
そして、環境などにより形態は変化し続ける。

私の思考もそれと似ている。
環境の変化、感情の変化などにより、思考は変化する。

現実に存在する生物と、私の中で存在する生物。
2つが重なった時、私の中では「架空生物」として動き出す。
名前もなければ、どんな生物かも分からない。
現在の自分の思考から生み出された生物である事はたしかだ。

存在する生物の魅力を超える事はできない。
しかし、いつか私の思考から生まれてくるものが
存在する生物を超える瞬間がくるかもしれない。

<Artist Profile>

1990年 岐阜県生まれ
2009年 岐阜県加納高等学校 美術科 卒業
2014年 愛知県立芸術大学 油画専攻 入学
現在  愛知県立芸術大学 油画専攻2年

<About works>
現在は、大学で油画を専攻していますが、他にもさまざまな素材に挑戦しています。
ペラペラの紙に物質感のある糸で刺繍するなど、素材の質がまったく違うものを組み合わせたり、使用する素材の性質を利用しながら制作しています。
最初からしっかり計画して完成させるというより、制作しながら画面から湧き出てくる
イメージをどんどん膨らませながら完成形にしていきます。
なので、想像していたものとは違った作品が出来たりするので毎回、新しいものが出来てくるという期待をもちながら制作しています。

 

---------------------------------------------------



Michael Hitoshi -There is something if you soar in the sky-
2016年2月2日(火)- 2月26日(金)

 


今までに見た事のない東京、大阪、ロンドンの都市を上空から撮影した、空撮写真を続々と私たちに見せてくれる Michael Hitoshi氏の名古屋初個展
「There is something if you soar in the sky」が2016年2月2日(火)~2月26日(金)までPIギャラリーにて開催されます。
世界ナンバーワンの空撮フォトグラファーを目指して、
床に四角い穴があるヘリからカメラを出しての命がけの撮影、止まってほしいところには全然行けない。しかも夕暮れのマジックアワー(辺りが青紫色になる 15 分程度の時間)を狙って、1回チャンスを逃すと光が変わってしまう。1回飛ぶうち満足できるものが1、2点しか仕上がらないと言う、やり直しが何回でも効くこのご時世に一発勝負の瞬間撮影。
Michael Hitoshi氏が上空から撮影する
各都市のマジックモメントを見に是非PIギャラリーにお越しくださいね。
2月6日(土)16時~はオープニングレセプションにMichael Hitoshi氏在廊します。
フォトグラファー、写真好きの方々是非Micheal氏に会いにご参加ください。

■期間:2016年2月2日(火)- 2月26日(金)
■入場無料
■営業時間:火曜-金曜 11:00~18:00
      土曜12:00~18:30
      休廊:日曜・月曜
■場所:PIギャラリー 
■住所:〒456-0022 愛知県名古屋市熱田区横田2-2-9 倉庫1階(駐車スペース有)
■TEL/FAX:052-228-7587
■Email:gallery@paper-intelligence.com
■HP:www.pigallery.com
 
■作家HP:www.michaelhitoshi.com
■オープニングレセプション
2016年2月6日(土)
16時~
参加無料

————————————————————

Micheal Hitoshi
1967年香川県生まれ
東京の大学で芸術を学び、1992年ロサンゼルスに渡米、写真を学び、数々のファッション雑誌、広告の撮影を手掛ける。
1996年から東京を拠点を移し、広告写真と共に作家活動を開始する。
2008年ニースからパリに向かう機内で、日が昇る前のトワイライトの時間に、窓から見えた風景に大いに感銘を受けた。
自然光の薄明かり、人工光によって作られた建築物から漏れる光を、真俯瞰で撮影することは、恐怖心、時間、技術の戦いである、追随者ではなく改革者としての拘りでもある。
なかでも東京の都市を撮影した“twilight”シリーズは世界でも多くの評価を得た。

■主な受賞歴
2012年 パリPX3 ネイチャー部門最優秀賞
2013年 ハッセルブラッドマスターズファイナリスト選出等多数
2009年 “twilight”シリーズの個展を日本各地で開催し、2013年にはハッセルブラッドギャラリージャパンでソロエキシビションが開かれた。
また、世界の主だったアートフェアにおいて作品を出展している。
2013年にはLINEをテーマに、高層ビルの立方体によって形作られる東京の景観をモチーフにして横のラインと縦のラインをシンプルに表現した作品を発表した。

---------------------------------------------------

>


PHOTO SESSION#4合同写真展 出展アーティスト募集中
募集期間:2015.12.9 – 2015.2.29

-------------------------
-------------------------

今年も2016年春に開催します!!
PIギャラリー企画『Photo Session#4』合同写真展

テーマが自由と言うことでタイトルされた
『Photo Session』も来年で4回目を迎えます。
アーティストそれぞれの個性を生かした写真展、
オリジナルの世界を自由に表現してみませんか?
どなたでも参加可能のグループ展です。BIG Photo Sessionを作り上げましょう!

■募集要項
「PHOTO SESSION』とはノンジャンルで誰でも参加できる合同写真展です。
アーティストそれぞれの個性を生かした写真展、オリジナルの世界を自由に表現してみませんか?

■参加要項
テーマ自由
プロアマ・年齢不問・写真経験不問
フィルム、デジタル、モノクロ、カラー どちらでもOK。

■開催期間
2015年3月29日(火)~4月23日(土)
OPEN 11:00 CLOSE 18:00(火曜日~金曜日)
OPEN 12:00 CLOSE 18:30(土曜日)
日・月休み

■展示期間
20日間

■定員
20名程(20スペース)
(定員に達し次第募集終了とさせていただきます。)

■展示について
【展示スペース】
幅90cm×縦200cm(1スペース)
(2スペース以上の使用も可能です)
範囲内であれば作品のサイズは自由!点数は何点でもOK

【展示方法】
パネル、台紙張りまたは額装仕上げにしてください。
額装の展示はビスの打ってある1箇所にのみ飾って頂けます。
パネル、台紙張り展示は貼ってもきれいに剥がせる両面テープ等を使用していただきます。

■出展料
・1スペース 一般8000円/20日間 (DM料金込み)
学生5000円/20日間 (DM料金込み)

■応募締切り
2015年2月29日(月)まで

■お申し込み方法
件名を『Photo Session#4』としていただき、

下記項目を記入の上、下記アドレスまでメールをください。
追って詳しい内容を返信いたします。

gallery@paper-intelligence.com

1)お名前(本名・アーティスト名両方記載)
2)ご住所(郵便番号から)
3)携帯電話番号(緊急時に連絡のつく番号)
4 メールアドレス(携帯メアドは不可)
5)HPアドレス(お持ちの方)
6)希望展示スペースの広さ

皆様の応募をお待ちしております!!

■問い合わせ先
PIギャラリー
〒456-0022名古屋市熱田区横田二丁目2番9号 倉庫1階
TEL & FAX:052-228-7587
www.pigallery.com

---------------------------------------------------

a>

50人の画家による展覧会 「PAINT50 VOL3」
2015年11月24日(火)~12月19日(土)

今年も開催します!
50人の画家による展覧会
「PAINT50 VOL3」
2015年11月24日(火)~12月19日(土)
2015年PIギャラリー締めくくるBIGエキシビション!!
才能あふれる50人の画家たちがお届けする「PAINT50 VOL3」乞うご期待です!!

■場所(Place):PIギャラリー
■期間(Exhibition Term):2015年11月24日(火)~2015年12月19日(土)
■入場無料(Addmission free)
OPEN:火曜日~土曜(Tue-Sat)
Time:火曜~金曜(Thu-Fri)(11時~18時まで)
    土曜(Sat)(12時~18時30分まで)
    
Close:日曜、月曜 (San.Mon)

■クロージングレセプション(Closing Reception)

2015年12月19日(土)16時~18時まで
参加費:お一人様1500円(中学生以下のお子様は無料)
誰でも参加OK 
ささやかな飲食の振る舞いをご用意させていただきます。
持ち込み&差し入れは大歓迎受付しております。
PAINT50の作家の皆様とお客様で盛り上がり展覧会のお祝いをしましょう!!
皆様お誘い合わせの上ご参加お待ちしております。

■連絡先
(Contact):PIギャラリー
      〒456-0022 愛知県名古屋市熱田区横田2-2-9
      Tel/Fax052-228-7587
      gallery@paper-intelligence.com

<アーティスト紹介>(50音順)

1 赤嶺智也
2 AKKEY
3 朝比奈賢
4 Adam Weston
5 アヤミツヨシ
6 Angelica Lux
7 池永梨乃
8 稲垣歩
9 岩永洋美
10 x8(ヴァイエイト) 
11 大崎高裕
12 岡部清香
13 春日葉子
14 川合実花
15 クマガイミサキ
16 倉内梨沙
17 小林 大悟
18 JUCOU高橋
19 ジミー・タナカ
20 鈴木千晴
21 鈴木麻希子
22 関 仁慈
23 空遵(Sorachika)
24 ta-co
25 髙津ゆい
26 舘 あかね
27 棚池幸治 
28 田中日沙野
29 辻 義弘
30 テツコフ180
31 寺尾忠
32 冨田節郎
33 TORICA
34 中西容子
35 にし りえ
36 ノムラカツキ
37 古川和美
38 古屋 正成
39 hokori
40 堀内結
41 MAERIA
42 松本悠
43 まりりんご
44 MITOS
45 宮川マサアキ
46 安田みな
47 安本香織
48 uco
49 Linda Kawakami
50 Robert Wallace

以上50名となります。

よろしくお願いいたします。
  

---------------------------------------------------

a>

グループ展 ’NT’  
2015.11.3(火)~2015.11.19(木)

 
グループ展 ’NT’
(期間:2015.11.3(火)~2015.11.19(木))
 
名古屋と東京で活躍する若手作家の合同展を開催いたします。
立体・平面を入れ混ぜつつ、ポストインターネットという世代としての共通認識を感じられる、カオス空間のインスタレーション的なグループ展示。
二つの都市から湧き出たアート感覚がPIギャラリーで交差します。
皆様のお越しをお待ちしております。
 

■期間:2015年11月3日(火)- 11月19日(木)
■営業時間:火曜-金曜 11:00~18:00
      土曜12:00~18:30
      休廊:日曜・月曜
■場所:PIギャラリー 
■住所:〒456-0022 愛知県名古屋市熱田区横田2-2-9 倉庫1階(駐車スペース有)
■TEL/FAX:052-228-7587
■Email:gallery@paper-intelligence.com
■HP:www.pigallery.com
 

■オープニングレセプション
11月7日(土)16:00~18:30 

■アーティスト関連HP

http://katakombetokyo.wix.com/katakombehome

 
■お問合わせ(CONTACT)
PIギャラリー
TEL/FAX:052-228-7587
Email:gallery@paper-intelligence.com
HP:http://www.pigallery.com/

————————————————————-

NTとは・・・
名古屋と東京で活躍する若手作家の合同展示を開催いたします。
ふたつの都市で活動する芸術家達の表現意識の差異と、同世代としての共通の感覚を、
立体と平面を織り交ぜたカオス空間のインスタレーション的なグループ展『NT』をどうぞお楽しください。

■■Artists■■

■鈴木一太郎

(Statement)
情報化社会時代におけるリアリティとは何かというテーマの下、
デジタル表現の最小値であるピクセルを用いた彫刻表現を行う。
インターネットやコンピュータによって身体や意識の拡張が行われている現代では、
先の時代に比べ、自己の身体を通じて得た経験が伴わないイメージが、記憶の容量を占める様になり、
身体的な経験が「私が私であり、他人ではない」という個の特定を決定する大きな条件では無くなった。
その様な状況において人間が感じる「リアリティとは何か」「自己を決定する要素とは何か」と言う疑問を、
ピクセルと言うデジタルの要素を物理的な彫刻表現に落とし込むことで考察する。
(Profile)
1988/4/10生まれ
岐阜県出身
2007 岐阜県立加納高等学校 卒業
2008 愛知県立芸術大学美術学部美術科彫刻専攻 入学
2012 同大学 卒業
愛知県立芸術大学大学院博士課程前期美術学部彫刻専攻 入学
2014 同大学院 卒業
   名古屋付属大学中学校にて非常勤講師として任用
主な受賞・活動歴
2013 Tokyo Midtown Award 2013 アート部門 グランプリ
サイバーエージェント 学生版モックアップアプリコンテスト 金賞
   愛知県立芸術大学 学校長賞
   愛知県立芸術大学修了制作 優秀作品賞
   岐阜県文化スポーツ功績賞 受賞
2014 ハワイ大学のアートプログラムに参加 同大学にて講演を行う
   六本木アートナイト2014 出展
   株式会社DMM.comの3Dプリント部門DMM.makeにおいて、記事を連載
   
その他・補足事項
 ホームページ (http://zerotaro.tumblr.com/)
 東京ミッドタウン関連の記事
  アートアワード2013年結果(http://www.tokyo-midtown.com/jp/award/result/2013/index.html)
  グランプリ受賞者インタビュー(http://www.tokyo-midtown.com/jp/award/voice/art03.html)
 DMM.makeの連載記事 (https://media.dmm-make.com/item/1337/)

———————————————————————

■後藤あこ

(Statement)
具象彫刻が持つフィクション性とそのパラドックスについて考えています。
(Profile)
愛知県名古屋市生まれ
愛知県立旭丘高校卒業
愛知県立芸術大学 美術学部 彫刻科卒業
愛知県立芸術大学 博士前期課程 在籍中

○活動履歴
2008 旭美展 愛知県美術館ギャラリー
     卒業制作にて旭美賞受賞 
2009 原点回帰                
     名古屋市市民ギャラリー
2009 高浜市飾瓦コンクール        
     高浜市
2009 アトリエ展               
     愛知県立芸術大学アトリエ
2010 犬山市プロジェクト           
犬山市役所
2010 西尾城下町芸術祭            
愛知県西尾市
2010 長久手アートフェスティバル       
長久手文化の家
2010 二十歳の記憶展             
CBCギャラリー
2011 国際瀧富士美術賞 受賞
2011 愛知県立芸術大学院オペラ『こうもり』舞台美術
2012 愛知県立芸術大学卒業・修了作品展    
     愛知県立美術館ギャラリー
2012 アートアワードトーキョー丸の内2012 
     行幸地下ギャラリー(東京)
2012 常滑フィールドトリップ         
     愛知県常滑市
2012 愛知県立芸術大学前期博士課程研究発表展 
     愛知県立芸術大学 芸術資料館
2012 『Instrallation of Terracotta』        
     LIXIL GINZA ガリレアセラミカ (東京)
2013 「仮想舞台」 伊勢現代美術館 (三重)
2013 CUBIC MUSEUM +α
     アートラボあいち
2013 愛知県立芸術大学前期博士課程研究発表展 
     愛知県立芸術大学 芸術資料館 
2014 愛知県立芸術大学卒業・修了制作展    
愛知県美術館ギャラリー
2014 丹羽奨励生 受賞
2014 アートアワードトーキョー丸の内2014 
行幸地下ギャラリー(東京)
2015 信楽陶芸の森スタジオアーティストとしてレジデンス
2015 アーツ・チャレンジ2015       
愛知県美術館
2015 REN-CON ART PROJECT
名古屋市芸術創造センター

○受賞歴など
2008 旭美賞
2011 国際瀧富士美術賞
2012 アートアワードトーキョー丸の内2012 入選
2014 愛知県立芸術大学 彫刻専攻 優秀作品賞
2014 丹羽奨励生 
2014 アートアワードトーキョー丸の内2014 入選
2015 アーツチャレンジ2015 入選

———————————————————————

■田村啓 AKIRA TAMURA

(Artist Statement)
リアルとは何なのか。
仮に自らが体験したり、実際に目にしたりすることを最たるリアルとすると、
わたしたちの周りにはリアルならざるものが数多く溢れている。
文字や絵、写真、映像や音といった情報は前述したようなリアルならざるものと仮に言おう。
そしてこれらを伝える手段は時代と共に進化し拡大を続けている。
しかしそれは問題とするべきところではない。
それら非リアルなものの集積こそが少ないリアルな経験を補完し、
あるいは非リアルをリアルなものが補うことで、初めて私たちが共通に認識する現実として機能するようになるのだろう。
 リアルをから生まれたであろう非リアルはいわば核を覆う地殻のようなものである。
地殻がマントルで形成され地表に現れ、地球の外観を形作るようにそれらはお互いになくてはならない存在と言えるだろう。
しかし昨今、非リアルなるものが飛躍的にその情報量を増やし、私たちの現実の大部分を占めるようになりつつある。
今後リアルと非リアルなものの境界はますます融解していくことだろう。
力無い核はどのような地殻を形成し、どのような外観をもたらすのだろうか。
そのような状況は、私たちにどのようなリアリティーをもたらすのか興味がつきることはない。
これらのリアルと非リアルがもたらすリアリティーへの強い関心は、近作における制作テーマの主幹をなしている。 

(Profile) 
1988年岐阜県出身
2007/2011 信州大学教育学部美術専攻 卒業
2011/2014 愛知県立芸術大学博士前期課程彫刻専攻 修了
グループ展
2010 上畠アート2010、富山
2011 SOUND COSMOS、岐阜
2011 上畠アート2011、富山
2012 志賀高原ホテル アートに泊まる、長野
2012 松代現代美術フェスティバル、長野
2013 常滑フィールドトリップ、愛知
2014 BLACK TICKET、トランジットビルギャラリー、愛知
2014 上畠アート2014、富山
other
2009 アーティスト・イン・レジデンス善光寺界隈、長野
2010 長野市地事業助成 ワークショプ集団MINIKURART設立、長野
2010 フリースペース豆蔵オープン、長野
2014 他民党project、疑似選挙カーで全国を凱旋

———————————————————————

■吉田達彦

(Statement)
私の作品のテーマは「自己の内面表現」です。内面とは自分の心の中の想いです。その想いの基となるものは自分と他者とのやり取りの最中に起こる微細な心の動きや幼少の頃から憧れる空想の世界へ行きたいという願望等だと思っています。家族と一緒に居る時の温かさ、友人との会話の中で相手がときおり見せる笑顔、親しい人との別れ際の哀しい想い、森や山などの自然があふれる世界への羨望、それらが生み出す感情の造形です。そうした造形は私の心に和みや安心、活力を与えてくれます。これらの心境に至る出来事や状況、きっかけとなる人の表情等を形に表現することで、私自身の内面と空想の世界を表したいと考えています。

(Profile)
1988 年 大阪府大阪市生まれ
2015 年 愛知県立芸術大学大学院美術研究科博士前期課程 彫刻領域 修了
2015 年 愛知県立芸術大学美術学部彫刻専攻 非常勤講師
発表
2013 年 ??田達彦 展 「夢の中、心の中」/滋賀県立陶芸の森 創作研修館(滋
賀)
2014 年 第8回飾り瓦コンクール作品展/碧南市藤井達吉現代美術館(愛知)
2015 年 平成26 年度 愛知県立芸術大学卒業・修了制作展/愛知県美術館ギャ
ラリー
2015 年 Fresh2015 ??田達彦 展 “きっと春に起こる素敵なこと”/ 伊勢現代
美術館(三重)
2015 年 ギャラリー矢田パートナーシップNEXT♯3<??田達彦個展 まだ旅
の途中> /名古屋市民ギャラリー矢田第2展示室(愛知)
2015 年 新宿クリエーターズフェスタ/新宿モノリスビル1F(東京)
パブリックコレクション
2013 年 空想の中にいる人Ⅰ・Ⅱ(twins)/滋賀県立陶芸の森創作研修館蔵
2015 年 きっと冬に起こる素敵なこと/愛知県立芸術大学 芸術資料館蔵
2015 年 夢の中Ⅱ(Alex)他多数/伊勢現代美術館蔵
賞歴
2014 年 第8回飾り瓦コンクール 碧南市長賞、中日新聞社賞 受賞
2015 年 平成26年度 愛知県立芸術大学修了制作 優秀作品賞 受賞

———————————————————————

■新井五差路/ARAIGOSARO
(Statement)
抽象概念を現実に表出させようとした時のぶれやゆがみへの興味、自然が造形するフォルムへの関心などを軸に写真作品を制作しています。
(Profile)
経歴
2009年 早稲田大学第一文学部総合人文学科美術史学専修卒業
2012年 中野区新井にシェアスタジオ カタ/コンベ共同設立
過去の展示
2015年 「”KITAJIMA/KOHSUKE#09~#11”」gallery KATA/KOMBE,東京
「52Hz」しゃがみ弱パンチ美術館,沖縄
個展「はじめに言葉があったわけもない」pocke,東京
2014年 「”KITAJIMA/KOHSUKE#05~#08”」gallery KATA/KOMBE,東京
「いつも以上にHappyLife」中野ZERO展示ギャラリー/東京
「3331アンデパンダン」3331アーツ千代田,東京
2人展「ホーム・アンド・ドライ」commune,東京
「ゼアズ・ノー・アザー・ウェイ」しゃがみ弱パンチ美術館,東京
2013年 「”KITAJIMA/KOHSUKE#01~#04”」gallery KATA/KOMBE,東京

———————————————————————

■TYM344 (ティー・ワイ・エム・スリー・フォー・フォー)

(Statement)
美術家。「絵を描くこととは、決定された画像をつくること」として、道路標識から秩父連山まであらゆる不動物を手
本にして、二値化された非・動画的な絵画を目指す。 !!!

(Profile)
経歴
2010 早稲田大学第一文学部総合人文学科美術史学専修卒業出展
2015 「”KITAJIMA/KOHSUKE”#11 ~台風のくれたテーブルにつけ~」カタ/コンベ, 東京
「カオス*ラウンジ7 穏やかじゃない」ビリケンギャラリー, 東京
「しゃがみ弱パンチ美術館 inコザ銀天街 “52Hz”」しゃがみ弱パンチ美術館(コザクロ), 沖縄
「”KITAJIMA/KOHSUKE”#10 ~100年転送~」カタ/コンベ, 東京
個展「サブスタンス」新宿眼科画廊, 東京
個展「木の実は本へO2」カタ/コンベ, 東京
「”KITAJIMA/KOHSUKE”#09 ~椀Q松山翌の噂~」カタ/コンベ, 東京
「HILFA!」カタ/コンベ, 東京
「COMITIA111」東京ビッグサイト東5・6ホール, 東京
2014 「”KITAJIMA/KOHSUKE”#08」カタ/コンベ, 東京
「COMITIA110」東京ビッグサイト東4・5・6ホール, 東京
「”KITAJIMA/KOHSUKE”#07」カタ/コンベ, 東京
「カオス*ラウンジSIX ~イメージの他力本願~」ビリケンギャラリー, 東京
2人展「ホーム・アンド・ドライ」commune, 東京
「”KITAJIMA/KOHSUKE”#06」カタ/コンベ, 東京
「TAGBOAT ARTFES 2014」大本山増上寺, 東京 《審査員特別賞》
「GEISAI#20」東京流通センター, 東京
「ゼアズ・ノー・アザー・ウェイ」しゃがみ弱パンチ美術館, 東京
「”KITAJIMA/KOHSUKE”#05」カタ/コンベ, 東京
個展「新井のアイちゃん展!」meee Gallery Tokyo, 東京
2013 「”KITAJIMA/KOHSUKE”#04」カタ/コンベ, 東京
「COMITIA106」東京ビッグサイト東5・6ホール, 東京
「”KITAJIMA/KOHSUKE”#03」カタ/コンベ, 東京
「GEISAI#19」東京都立産業貿易センター台東館, 東京 《審査員賞ノミネート》
「”KITAJIMA/KOHSUKE”#02」カタ/コンベ, 東京
「GEISAI#18」東京都立産業貿易センター台東館, 東京
「”KITAJIMA/KOHSUKE”#01」カタ/コンベ, 東京

受賞
2014 TAGBOAT ARTFES 2014 審査員特別賞(田中ちえこ賞)
メディア掲載・展評 等
2015 美術手帖 8月号 [椹木野衣 月評第84回 "二値、日、ニッチ" TYM344「サブスタンス」展]
CINRA.net [TYM344の個展『サブスタンス』、テーマは「不動物・無生物を称えるためのクラブ]

———————————————————————

■im9(アイ・エム・ナイン)

(Statement)
「ある種の芸術作品には、日常とは異なる世界観を提供する機能がある」という立場のもと、
虚実をとりまぜた物語や科学的な法則をモチーフに、絵画、映像、インスタレーション等を制作する。

(Profile)
2015年1月より活動。

[グループ展]
2015/03 「KITAJIMA/KOHSUKE#9 ?椀Q松山翌の噂?」 gallery KATA/KOMBE, Nakano Tokyo Japan
2015/06 「KITAJIMA/KOHSUKE#10 ?100年転送? gallery」 KATA/KOMBE, Nakano Tokyo Japan
2015/08 「しゃがみ弱パンチ美術館 in コザ銀天街 ”52Hz”」 しゃがみ弱パンチ美術館[コザクロ], Koza Okinawa Japan
2015/09 「KITAJIMA/KOHSUKE#11 ?台風のくれたテーブルにつけ?」 gallery KATA/KOMBE, Nakano Tokyo Japan

---------------------------------------------------

土田圭介個展 「光と影と絵肌と」鉛筆画 PENCILE DRAWINGS   
2015.10.6(火)~2015.10.23(金)

 

(期間:2015.10.6(火)~2015.10.23(金))
次回PIギャラリー展覧会は鉛筆画家土田圭介氏による個展「光と影と絵肌と」を開催します。
ブラック&ホワイトの色彩に鉛筆画というソリッドなイメージの中、土田圭介氏独自の手法により独特な雰囲気と繊細で儚げな柔らかさが加わり、頭の中で思い描きベールに包まれていた感情や雰囲気などの無形の世界がカタチとなって外へ溢れ出ます。
鉛筆のみで絵がれたミニマムな世界がこんなに美しいものかと息をのみ圧巻です。
■期間:2015年10月6日(火)- 10月23日(金)
■営業時間:火曜-金曜 11:00~18:00
      土曜12:00~18:30
      休廊:日曜・月曜
■場所:PIギャラリー 
■住所:〒456-0022 愛知県名古屋市熱田区横田2-2-9 倉庫1階(駐車スペース有)
■TEL/FAX:052-228-7587
■Email:gallery@paper-intelligence.com
■HP:www.pigallery.com
 
■作家在廊日
10月9日(金)
10日(土) 
23日(土)
■作家HP

http://ksk-art-gallery.p2.bindsite.jp

■お問合わせ(CONTACT)
PIギャラリー
TEL/FAX:052-228-7587
Email:gallery@paper-intelligence.com
HP:http://www.pigallery.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
土田圭介個展 「光と影と絵肌と」

【Artist Statement】
私の鉛筆画は通常の描き方と違い、鉛筆の縦のタッチを使い描いています。
薄い鉛筆から徐々に濃いものへと変えて陰影をつけていきます。
紙に刻まれた線の重なりは静止する紙面に「ゆらぎ」を与え そこに流れる “空気感”や“想い”を画面にのせ独特な雰囲気をかもし出します。
鉛筆画に色はありませんが、だからこそ表現出来るもの見えてくるものがあります。
物を形作る上で様々な要素を削ぎ落し“陰影”を描くことで“光”を現し、限られた濁りのない世界は見る人の想像力をかきたてその心へと沁み込んでいきます。
そんな鉛筆画の世界をぜひ、じっくりとお楽しみいただければ幸いです。

土田圭介 / Keisuke Tsuchida
1974年 新潟県生まれ  千葉県市川市在住
2001年 京都芸術短期大学卒業
2003~2009年 千葉デザイン協会所属
2006?2009年 二科デザイン部所属
2009?2009年 千葉市美術協会所属
※現在、個展・グループ展を中心に活動中。

【Website】

http://ksk-art-gallery.p2.bindsite.jp

【Solo Exhibition】
2010年 モノクローム展(みつばち保険ファーム・千葉)
2010年 土田圭介展(小野画廊Ⅱ・銀座)
2012年 土田圭介展「静かな鼓動」(EHARA GALLERY・銀座)
2012年 土田圭介展「ココロ×モノクローム」(ミレージャギャラリー・銀座)
2013年 土田圭介展「まるなげの物語」(ギャラリー219・表参道)
2013年 土田圭介展「219#002」(ギャラリー219・表参道)
2014年 土田圭介展「こころのままに」(ギャラリー219・表参道)
2015年 土田圭介展「心を刻む」(ギャラリー219・表参道)

【Group exhibition /Event 】
2006年「集団α+α9個」展(アートスペースユメリア・日本橋)
2007年 三人展(アートスペースユメリア・日本橋)
2009年 expression design展(ミレージャギャラリー・銀座)
2011年 expression design展(ミレージャギャラリー・銀座)
2013年 第2回DORADOファンタジックアート展(ドラードギャラリー・早稲田)
Black&White展(ドラードギャラリー・早稲田)
祝祭 ART 展(ドラードギャラリー・早稲田)
エマージング・ディレクターズ・アートフェア:ウルトラ006(スパイラル・青山)
2014年 空想病院展(ドラードギャラリー・早稲田)
「部屋の絵」展(ドラードギャラリー・早稲田)
ジ・アートフェア +プリュス-ウルトラ 2014(スパイラル・青山)
Mechanical Nostalgic展(ドラードギャラリー・早稲田)
PAINT50 VOL2(PIギャラリー・名古屋)

【Awards】
2002年 二科展デザイン部 【イラスト部門 奨励賞受賞】
デザイン展CHIBA2002 【千葉美術協会賞一席受賞】
2003年 二科展デザイン部 【イラスト部門 大賞受賞】
デザイン展CHIBA2003 【会友賞受賞】
2004年 二科展デザイン部 【自由部門 特選賞受賞】
二科展デザイン部 【イラスト部門 奨励賞受賞】
2005年 二科展デザイン部 【自由部門 特選賞受賞】
二科展デザイン部 【イラスト部門 奨励賞受賞】
2006年 二科展デザイン部 【自由部門 会友賞受賞】
2007年 千葉市民美術展覧会 【千葉市長賞受賞】
2008年 二科展デザイン部 【イラスト部門 会友賞受賞】
千葉市民美術展覧会 【千葉市美術館長賞受賞】
2009年 二科展デザイン部 【イラスト部門 会友賞受賞】
千葉市民美術展覧会 【依嘱優秀賞受賞】
2014年 PAINT50 VOL2 【PIギャラリー賞受賞】

---------------------------------------------------

a>

TOWNBOY D.S.K EXHIBITION「welcome to my TOWN」  
 期間:2015.9.15(火)~2015.10.2(金)

ストリート感満載なエッジーでアンユージュアルなイラスト展
TOWNBOY D.S.K EXHIBITION「welcome to my TOWN」を開催いたします。
パンチの効いた画風は見る者に目が覚めるようなインパクトを与え、
唯一無ニの存在感を放つイラストの数々に爽快感すら覚えます。
皆様乞うご期待です!

■期間: 2015.9.15(火)~2015.10.2(金)
■営業時間:火曜-金曜 11:00~18:00
      土曜12:00~18:30
      休廊:日曜・月曜
■場所:PIギャラリー 
■住所:〒456-0022 愛知県名古屋市熱田区横田2-2-9 倉庫1階(駐車スペース有)
■TEL/FAX:052-228-7587
■Email:gallery@paper-intelligence.com
■HP:www.pigallery.com
 

■お問合わせ(CONTACT)
PIギャラリー
TEL/FAX:052-228-7587
Email:gallery@paper-intelligence.com
HP:http://www.pigallery.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Daisuke Hasegawa
ステートメント
ストリートカルチャーから受けた影響と、子供の頃欠かさず見ていた、
わくわくさんから受けた影響を合致させ作品制作に邁進しています。
ナンセンスを恐れず、インクレディブルを目指し実践していきます。

プロフィール
TOWNBOY / Daisuke Hasegawa
2010年頃から自分の描いた絵を表に出し始める。
「PLAYPRANKS」をテーマに掲げ岡山市内を中心に活動中。
EXHIBITION / event
2010年 SYNERGY 73 三人展 (岡山)
2011年 polepole 二人展(広島)
2011年 tokyoDesignFESTA参加 (東京)
2012年 SYNERGY 73 個展 (岡山)
2013年 DesignFESTAgallery グループ展参加 (東京)
2013年 GEISAI ‪#‎18参加‬ (東京)
2013年 paint50参加 (名古屋)
2014年 奉還町west side mixer 参加
2014年 paint50参加 PI gallery賞受賞(名古屋)
 

---------------------------------------------------

a>

 津田直子展『うつしみ』ー視覚と空間のコラージュー
 期間:2015.8.25(火)~2015.9.11(金)

津田直子展『うつしみ』ー視覚と空間のコラージュー
Naoko Tsuda Exhibition
(期間:2015.8.25(火)~2015.9.11(金))

日本画家津田直子氏による展覧会『うつしみ』ー視覚と空間のコラージューを開催いたします。
敷居が高く感じられる日本画に”現代リアリズム”をテーマに
昆虫や河童そしてスカルなどのモチーフをシニカルに映し出した日本画や、
日本画の画材の定番ともいえる岩絵具や銀箔を施しため息が出るほどの
美しい色彩がモダンスタイリッシュに空間を演出する美の世界を
日本画家津田直子氏が魅せてくれます。

■期間:2015年8月25日(火)- 9月11日(金)
■営業時間:火曜-金曜 11:00~18:00
      土曜12:00~18:30
      休廊:日曜・月曜
■場所:PIギャラリー 
■住所:〒456-0022 愛知県名古屋市熱田区横田2-2-9 倉庫1階(駐車スペース有)
■TEL/FAX:052-228-7587
■Email:gallery@paper-intelligence.com
■HP:www.pigallery.com
 
■作家在廊日
8/25,8/28,8/29,9/5 
■作家HP

https://creatorsbank.com/tsudayan?page=1

■お問合わせ(CONTACT)
PIギャラリー
TEL/FAX:052-228-7587
Email:gallery@paper-intelligence.com
HP:http://www.pigallery.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

津田直子展 「うつしみ」-視覚と空間のコラージュ-

【Artist Statement】
私は“現代リアリズム”をテーマに、作品制作をしています。
同じモノでも、その時々によって見え方が変化し、
新たな要素に気づかされることがあります。
それらの過程を知っていくことで、
より現代というものが見えてくるのではないでしょうか?
多層的な空間を取り入れて表現するため、
空間をコラージュする装置として、ガラスをモチーフに取り入れています。
また、私の作品には虫が多く登場しますが、特にイモムシは、
「変化し続けていく、生きるエネルギーの塊」のような存在として捉え、
岩絵具や銀箔などの素材を用いて表現しています。
今、自分が対峙しているモノを、自分はきちんと知ることができているか?
本質を見ることができているか?その問いを繰り返しながら、
今後も新しい試みに挑戦していきます。

津田直子 / TSUDA Naoko
1978年 東京都生まれ  静岡県静岡市在住
2003年 女子美術大学芸術学部絵画科日本画専攻卒業
2003年4月~2005年5月 (財)静岡県舞台芸術センター付属研究所所属
※現在、個展・公募展を中心に活動中。
【Website】

https://creatorsbank.com/tsudayan

http://naokotsuda.jimdo.com/

【Solo Exhibition】
2005年 駿府博物館併設画廊(静岡)
2006年 りそな銀行静岡支店ギャラリー(静岡)、スノドカフェgallery(静岡)、エル・ア・ブード gallery(静岡)
2010年 エル・ア・ブードgallery(静岡)
2012年 個展「虫鮨」(スノドカフェgallery 静岡)
2013年 
津田直子展「河童がゆく」(アトサキ7 静岡)、
津田直子展「甘美な食卓」(ギャラリーYellow Passion・静岡)
【Group exhibition /Event 】
2005年~2009年 
U35アーティスト小作品展(横浜赤レンガ倉庫・神奈川)
静岡県芸術祭、新進アーティスト作品展(静岡)など
2010年 
ストリートフェスティバルinシズオカ(静岡)
2011年 
クリエイターズマーケット(愛知)
U35アーティスト小作品展(横浜赤レンガ倉庫・神奈川)
2012年 
グループ展(銀座ギャラリーあずま・東京)
焼津U35アーティスト展(静岡)
U35アーティスト小作品展(横浜赤レンガ倉庫・神奈川)
2013年
河童展(ギャラリー未來・静岡)
「妖怪たちの夏祭り」展vol.2(横浜)
「デッサン・クロッキー・鉛筆画の作家展」
(ギャラリーYellowPassion・静岡)
「SUPER ARTIST BATTLE」展
(ギャラリーYellow Passion・静岡)、
第2回ボタニカクリスマスギフト展(ボタニカ・静岡)
大型作品展示選抜U35 ART FREEDOM EXHIBITION 2013
(神奈川)
2014年 
New Year Selection 2014展(GALLERY ART POINT 銀座)
Art At Yellow Passion展(静岡)
PAINT50 VOL2(名古屋)
VOL.3 U35 ART DOMAIN EXHIBITION(神奈川)
VOL.3 U35・500ARTISTS JAPAN EXHIBITION(神奈川)
2015年
「Yellow Passionの羊展」(静岡)
「女性作家6人展」(静岡)
【Awards】
2012年 
焼津U35アーティスト展 【ギャラリーパンプキン賞受賞】
2014年
PAINT50 VOL2 【PIギャラリー賞受賞】

 

---------------------------------------------------


/>

『PAINT 50 Vol.3』50人の画家を募集します。
期間:2014年11月24日(火)~12月19日(土)

◆◆◆PIギャラリーは50人の画家を募集します◆◆◆

『PAINT 50 Vol.3』今年も開催いたします!

■募集要項
『PAINT50』とは平面作家50人による展示会です。

■募集内容
テーマは自由、本人の作品であること
平面絵画
油彩画、水彩画、クレパス画、パステル画、アクリル画、
版画、日本画、水墨画 等
(※コンピューターグラフィックスは対象外です。)

■参加資格
プロアマ・年齢不問
2年以上アートの勉強をしてきた方

■開催期間
2015年11月24日(火)~12月19日(土)の20日間
OPEN  11:00 CLOSE 18:00(火曜日~金曜日)
     12:00 CLOSE 18:30(土曜日)
CLOSE 日曜・月曜休み
■定員
50名様(50スペース)

■応募締切
8月30日まで応募数を超える場合は抽選となります。

■展示について
【サイズ】幅90cm×縦90cm位までの作品を1人1作品
【展示方法】 額装・キャンバス

■出展料
無料

■特典
ギャラリー賞として2016年にPIギャラリーにて個展開催権

■お申し込み方法
件名を『PAINT50 Vol.3』として頂き、下記項目を記入の上、
下記メールアドレスまでメール下さい。
追って詳しい内容を返信致します。
gallery@paper-intelligence.com

<<<必須要項下記5項目>>>
1)お名前(本名・アーティスト名両方記載)
2)ご住所(郵便番号から)
3)携帯電話番号
4)PCメールアドレス(携帯は不可)
*3)4)は緊急時にすぐに連絡のつく連絡先であること
5)作品が拝見できるHPまたは作品の写真を添付
※営業日にご返信させていただきます。

連絡先 PIギャラリー
〒456-0022 名古屋市熱田区熱田2-2-9 倉庫1階
TEL/FAX: (052)-228-7587
gallery@paper-intelligence.com
www.pigallery.com
<日・月休廊>

 

---------------------------------------------------


「new self, new to self」Mitsuko Nagone
(開催期間:2015.7.21(火)~2015.8.8(土))

POPでおしゃれなファッションに身を包み、
インテリア・小物までも隅々までカラフルにコーディネートされたポートレイト写真。
しかしそこには『顔』が隠され、
喜怒哀楽すら読むことが出来ずに謎に包まれている。
情報量の多い顔を隠すことによって非日常化し、
情報を読み取ることのできないもどかしさから作品の小悪魔的でコケティシュな魅力に嵌って行きます。
彼女の世界観は既成概念、価値観に縛られない事を信条とする60′s POPカルチャーを彷彿します。
『自分探し』のセルフポートレイト制作が、やがて『自分創り』へと変わり・・・
自分探しは過去の自分を分析することだが、自分創りは現在から未来に向かい
可能性も広がるというところに辿り着いたと名古根美津子氏は語ります。
確かに自分探しではなく、セルフプロディースをして未来のなりたい自分像を作り出す事の方がポジティブで未来的ですね。
隠された顔は自身の未来の可能性なのかもしれません。
PIギャラリー初の女性フォトグラファー名古根美津子氏による個展!
特に女性の方には必見のファッショナブルな作品の数々に興味をそそられます。
皆様のお越しをお待ちしております。
 
「new self, new to self」Mitsuko Nagone」

■期間:2015年7月21日(火) – 8月8日(土)
■営業時間:火曜-金曜 11:00~18:00
     土曜12:00~18:30
     休廊:日曜・月曜
■場所:PIギャラリー 
■住所:〒456-0022 愛知県名古屋市熱田区横田2-2-9 倉庫1階(駐車スペース有)
■TEL/FAX:052-228-7587
■Email:gallery@paper-intelligence.com
■HP:www.pigallery.com
 

■オープニングレセプション
7月25日(土)16:00~
写真家名古根美津子氏在廊いたします。
入場無料・御気軽にご参加ください。

■名古根美津子HP

http://nagone.com/

■お問合わせ(CONTACT)
PIギャラリー
TEL/FAX:052-228-7587
Email:gallery@paper-intelligence.com
HP:http://www.pigallery.com
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


制作意図
人はよく「自分とは何か」という自分探しをします。
しかし、自分自身を完全に客観視できず解きようのない難題に疲れ、自己探究の過程で迷走したり、自己満足しがちです。
物事を定義するとその物事の意味を限定することになり、それ以外の可能性を失うことになります。
自分探しも同様に、自分を分析し発見できたようにみえる自己に対する定義は、自分の可能性を封じ込めることになります。
また、人は安易に顔から「個人」を洞察しますが、それが必ずしも正しいわけではありません。
顔という表面から引き起こす連想は、時として罠となり、見込み違いの勝手な人物像は偏見や誤解を招きます。
この制作では、その顔を隠し、自分探しよりも自分創りを意図します。
自分とは、意味を求め探し続けるより、自分自身の意志によって創造することが大切だと思います。

“ New Self, New to Self ”
ジェレマイアー・マゴーン
 
道で人とすれ違う時、私達はちょっと見ただけでその人がどこのどういう人物なのかを判断しようとしてしまう。
しかし、私達は本当に見た目だけで、判断出来るのであろうか。
名古根美津子は、人を評価することは対面のやりとりを制限してしまうことが間違いなくあると考えている。
この考え方を表現するため、彼女は作品の中で、普通に私たちがするような、人の顔からその人のこれまでの人生を読み取ろうとすることを拒否している。
もっと可能性のあることを、つまり、これまでの人生や生活から規定される「私が誰か」ということではなく、「私はこうなれるかもしれない」という可能性を追求しようというのだ。
ポストモダンな雰囲気をまとい、彼女は「自分を見つけることより、自分を創りだすことのほうが楽しい」と言う。
この作品集は、普通の感覚で見ている現実という文脈からも外れているし、彼女の過去を表現したものでもないのだ。
この名古根独自の自画像が、優しい色調と、バランス、そして時に奇抜なファッションによって表現されている。
私には、このシュールレアリスティックな静止画が、現実的な説明を拒否していると同時に、「私は誰でしょう?」と観るものにいたずらっぽく問いかけているように見えるのが印象的だ。
それに対し彼女は、「(既に)見えているものを写真に撮る必要なんて無いでしょう」と答える。
アイデンティティは創造されうるものなのだ。作品を観る者は、彼女によって構成された現実であるこれらの写真から、新たに創造された彼女のアイデンティティを探ろうとする。
そうして彼女は、見た目で人を判断する私たちをからかっているようだ。
あたかも、「あなたが現実から離れ、自分の顔を隠して新しい人物になることができたら、どんな人になりたい?」「道ですれ違うだけの人に、その一瞬で自分をどう見せる?」と問いかけているかのように。  


名古根 美津子  Mitsuko Nagone
1974年 三重県出身 東京在住
2003年 東京ビジュアルアーツ 夜間部 写真学科 卒業
2005年 ニューヨーク市立大学 ラガーディアコミュニティカレッジ コマーシャルフォトグラフィーコース 卒業
2011年 京都造形芸術大学 通信教育部 美術科 写真コース 卒業
主な展示
2009年 ゲティイメージズギャラリー(ロンドン/英国)
2010年 ブルームギャラリー (大阪)
2010年 レディクタテウギャラリー(ミラノ/イタリア)
2011年 ニコンサロンbis (新宿/東京)
2012年 新苑藝術(台北/台湾)
2013年 B GALLERY(新宿/東京)
hpgrp GALLERY TOKYO(丸の内/東京)
     Gallery TANTO TEMPO(神戸/兵庫)
2014年 Galleria Doozo(ローマ/イタリア)
2015年 愛知県美術館
主な受賞歴
2011年 京都造形芸術大学 学長賞

-Yoko Shimizu H20-
期間:2015.6.27(土)- 2015.7.17(金)

 

---------------------------------------------------


-Yoko Shimizu H20-
期間:2015.6.27(土)- 2015.7.17(金)

 -Yoko Shimizu H20-(開催期間:2015.6.27(土)~2015.7.17(金))

自然現象や法則を可視化するサイエンス・インスタレーション
普遍的な万物の法則と神秘を、科学と芸術の力を借りながら美しく表現するアーティスト
清水陽子氏による個展 -Yoko Shimizu H20- がPIギャラリーにて開催されます。
清水氏が追及する
”科学のひらめきをアートに、アートのひらめきを科学に”を
体験型インスタレーションを通して私たちが今まで感じたことの無かった
科学と芸術の融合によるひらめきや発見を教えてくれることでしょう。
皆様お楽しみに!

-Yoko Shimizu H20-
■期間:2015年6月27日(土) – 7月17日(金)
■営業時間:火曜-金曜 11:00~18:00
     土曜12:00~18:30
     休廊:日曜・月曜
■場所:PIギャラリー 
■住所:〒456-0022 愛知県名古屋市熱田区横田2-2-9 倉庫1階(駐車スペース有)
■TEL/FAX:052-228-7587
■Email:gallery@paper-intelligence.com
■HP:www.pigallery.com
 

■Artist Talk and Demonstoration
6月27日(土)12:00 -18:30
詳しい予定は作家WEBやブログでもアップされます

http://yokoshimizu.com/

■お問合わせ(CONTACT)
PIギャラリー
TEL/FAX:052-228-7587
Email:gallery@paper-intelligence.com
HP:http://www.pigallery.com

———————————————————————
Yoko Shimizu Exhibition – H2O

[Artist Statement]
自然現象を可視化してアートとして鑑賞する実験的なインスタレーション・シリーズから、今回は生命の起源であるH2O(水)を用いた様々なインスタレーションを展開します。
音波によって波紋を描くオーディオ・インスタレーションや、水面がレンズとなるビジュアル・インスタレーション、そして表面張力や重力を用いた体験型のインスタレーション。
ギャラリー空間で発生する自然現象の生きた芸術性を是非ご体感ください。

[About the Artist]
清水陽子(シミズヨウコ)
生物化学出身の理系の現代芸術家。アートと科学を融合したインスタレーションを制作し、国内外で発表。現在の主な制作テーマは自然現象のアートとしての可視化。科学とアートのコラボレーションをグローバルに推進するアートラボを立ち上げ、ヨーローッパおよびNY のアーティストと連携を取りながら活動をしている。

[Solo Exhibition]
2015 清水陽子展「The Clean Room」/LAD GALLERY
2014 清水陽子展/5R HALL & GALLERY
2012 清水陽子展/GALLERY APA
2011 清水陽子展/GALLERY APA
2010 清水陽子展/GALLERY APA
2010 清水陽子展「Bloom」/西武渋谷店
2009 清水陽子展/GALLERY APA
2009 清水陽子実験展/Gallery Introart
2008 清水陽子展/愛知芸術文化センター
[Awards]
2012 愛知県芸術文化選奨 文化新人賞
2009 愛知銀行文化助成受賞
2009 名古屋発・現代美術展 最優秀賞
2008 三菱地所アルティアムFRFT4 最優秀賞
2008 GEISAI MUSEUM #2 森美術館理事長 森佳子賞ノミネート
2008 Tokyo Wonder Seed入選
2007 Tokyo Wonder Wall入選

---------------------------------------------------

/>

-MUTAGEN- Ryohei Sugiura Exhibition
期間:2015.5.26(火)- 2015.6.20(土)

 
-MUTAGEN- Ryohei Sugiura Exhibition (2015.5.26(火)- 2015.6.20(土))

イラストレーター杉浦良平氏による3回目のPIギャラリーでの個展
『MUTAGEN』(2013・5.26(火)~6.20(金))が開催されます。
ストリート感溢れ・アンユージュアルで・シュールな
杉浦良平流イラストレーションの世界へと私たちを誘ってくれます。
アメコミファンにもたまらない個展になるはず。
作品以外に新作Tシャツの販売も致します。
 
皆様お誘いあわせの上是非のお越しをお待ちしております☆
 
 
■■■-MUTAGEN-Ryohei Sugiura Exhibition-■■■
■期間:2015年5月26日(火) ~ 6月20日(土)
■入場料:無料
■営業時間:火曜-金曜 11:00~18:00
      土曜 12:00~18:30
      休廊:日曜・月曜
■場所:PIギャラリー 
■住所:〒456-0022 愛知県名古屋市熱田区横田2-2-9 倉庫1階(駐車スペース有)
■TEL/FAX:052-228-7587
■Email:gallery@paper-intelligence.com
■HP:www.pigallery.com
 
■お問合わせ(CONTACT)
PIギャラリー
TEL/FAX:052-228-7587
Email:gallery@paper-intelligence.com
 
————————————————————————-
■プロフィール
杉浦良平 RYOHEI SUGIURA
1986年愛知県生まれ。
名古屋造形芸術大学卒業。
イラストレーション、立体作品、Tシャツを制作している。
■受賞歴
2010 CODE POSTER DESIGN Competition グランプリ
2010 SHIFT 2011 Calendar Competition 入賞
2007 CBC TV主催「二十歳の記憶展」 愛知県教育委員会賞
2007 A-net compilation store postcard design selection 宇津木賞
■展示
2010.6 名古屋星画廊にて個展「100yen shop weapons」
2010.7 名古屋hintenにて展示「1000hinten」
2010.9 文化フォーラム春日井・ギャラリーにて「ふらっとアニメーション」展示
2012.4 美濃加茂woodland gallery展示
2012.5 名古屋矢田ギャラリー「480人展」
2012.8 オーストラリアMe&Artにて「POP JAPAN」展示
2012.9 PIgalleryにて個展「BAT21」
2013.8 PIgalleryにて個展

 

---------------------------------------------------


  

HERO-Kenichi Asano Exhibition-
期間:2015.4.28 – 2015.5.22 

 

HERO-Kenichi Asano Exhibition-
(開催期間:2015.4.28(火)~2015.5.22(金))

仏像修復の仕事に携わり、日本の古典彫刻に触れる傍ら、
小さい頃から大好きな漫画やゲームの影響から古典技法で遊ぶことをコンセプトに活動し、
自身の愛する能面や甲冑、美術、格闘技、可動式フィギュアなどのモチーフやマテリアルをミックスし伝統的な技法を使っての彫刻を制作。

伝統技法を用いて作られたものは高い完成度を誇るが新しさは感じさせない・・
新しい技法で作られた新しいものは、面白いが飽きも早い・・

この二つの思いを一つに実現をした彫刻家淺野健一

日本の伝統技法と古典技法を用い、
新しい感性・新しいモチーフ・新しいテーマで
新世代の古くて新しい神(HERO)が時空を超えてPIギャラリーに誕生します。

今も昔もHEROへの熱い思いは変わらぬ浪漫

HERO-Kenichi Asano Exhibition-

皆様お楽しみに!

HERO-Kenichi Asano Exhibition-

■期間:2015年4月28日(火) ~ 5月22日(金)
■営業時間:火曜-金曜 11:00~18:00
     土曜12:00~18:30
     休廊:日曜・月曜
■場所:PIギャラリー 
■住所:〒456-0022 愛知県名古屋市熱田区横田2-2-9 倉庫1階(駐車スペース有)
■TEL/FAX:052-228-7587
■Email:gallery@paper-intelligence.com
■HP:www.pigallery.com
 
■オープニングレセプション
日付:4月29日(水)
時間:16:00~18:00まで 
参加資格:誰でも参加OK
参加費:無料

☆アーティストトーク有り
制作過程の写真公開もまじえてのトーク必見です!
オープニングレセプションにご参加の方は当日PIギャラリーまで直接お越しください。
お誘い合わせの上お気軽にご参加ください。

 

————————————————-
淺野健一 活動歴

1981 愛知県生まれ
2006 愛知県立芸術大学美術研究科彫刻専攻 修了
2006 個展 表参道ヒルズ ギャラリーコーワ (東京)
2008 個展 gallery IDF(名古屋)
2008 ART OSAKA 出品 (大阪)
2008 tcaf 出品 (東京)
2009 個展  gallery IDF (名古屋)
2010 第十三回岡本太郎現代芸術賞 入選 (川崎)
2010 NHK デジタルスタジアム ヤノベケンジキュレーター
2010 個展 「武神」 gallery IDF  (名古屋)
2011 個展 「avatar」 gallery IDF  (名古屋)
2013 超京都 出品  (京都)
2013 依代プロジェクト 下鴨神社 (京都)
2014 個展 「剛の者」 hpgrp gallrey TOKYO(東京)
2014 young art taipei 出品 (台湾)
2014 ART NAGOYA 出品 (名古屋)
2014 BIWAKOビエンナーレ (滋賀)
2014 new city art fair 出品 (台湾)
2014 Maker Faire Tokyo (東京)
2015 Five Sculputor グループ展 hpgrp gallery TOYO (東京)
2015 new city art fair 出品 (NY)
2015 個展「HERO」 p.i gallery (名古屋)

1981年愛知県生まれ。2006年に愛知県立芸術大学を卒業後、仏像修復の仕事に携わりながらからくり人形を研究。同時に格闘技にも打ち込む。日本の古典彫刻に触れる傍ら、小さい頃から大好きな漫画やゲームの影響から古典技法で遊ぶをコンセプトに活動しております。
ある行為で別の新しいものになること、それによりパワーを得ること。
「傀儡、憑衣、一体化、コスプレ、装備、変身、禊、転生」
をテーマにしています。

淺野健一website

http://www.k-1asano.com

pechakucha night

http://www.pechakucha.org/users/kenichi-asano

受賞歴

2010 NHK デジタルスタジアム ヤノベケンジベストセレクション
2010 第十三回岡本太郎現代芸術賞 入選
2013  依代プロジェクト 入選

出版

2010 美術の窓 六月号 新人大図鑑2010 新しいスターは彼らだ!p59 掲載
2010 アートコレクター 八月号 ブレイク間違いなしの、
     新人立体アーティスト100人 p25 掲載
2012 月刊美術 一月号 2012年、この作家に注目せよ!
     天明屋尚が注目 p21 掲載
2012 月刊美術 二月号 驚愕のセンス&技術!立体作品+α p122 掲載
2012 月刊アートコレクターズ 十月号 こんなに楽しい!!
     最新立体アートの世界100 p34 掲載
2013 月刊美術 二月号 木彫特集
2014 月刊読楽 七月号 表紙掲載

---------------------------------------------------


 『PHOTO SESSION#3』-有志で集まったグループ写真展-

期間:2015.3.24 – 2015.4.18 

-------------------------
-------------------------

今年で4回目開催することになりましたPIギャラリー合同写真展!
『PHOTO SESSION#3』-有志で集まったグループ写真展-
表現自由なノンジャンルでの企画はアーティストたちが個性を最大限に表現し、
写真の世界を限りなく繰り広げるグループ展
それが『Photo Session』
Photo SessionもVol.3を迎え年々パワーアップするアーティストたちの作品をどうぞご堪能ください。
一度に多くのアーティストの作品が楽しめる合同写真展!
皆様のお越しをお待ちしております☆
■場所(Venue) :PIギャラリー
■連絡先(Contact):〒456-0022 名古屋市熱田区熱田2-2-9倉庫1階
      TEL/FAX: (052)-228-7587
       gallery@paper-intelligence.com
       www.pigallery.com

■開催期間(Term)
2015年3月24日(火)~4月18日(土)
OPEN 11:00 CLOSE 18:00(火曜日~金曜日)
OPEN 12:00 CLOSE 18:30(土曜日)
日・月休み

■クロージングレセプション(Closing Reception)
4/18(土)15:00~17:00までクロージングレセプションを行います。
入場無料、誰でも参加OK、ささやかなドリンクとフードの振る舞いをさせていただきます。
お誘い合わせの上お気軽にご参加くださいね。

■出演アーティスト(Artist lineup)(50音順)
 
石橋磨季
いとうあつき
風越 信
KAZUCH
KOEPY
月永 進
TOMASON
とり
Natally Santos
七色 思夏期
はたはたねこ
HIROTO TERANISI
深瀬 マルセロ
福澄信二
ぷら
Blane Ebersold
水川 画果南
やなぎすずみ。
YumeHime
LOVE-CO
Lovey

---------------------------------------------------


『ENSEMBLE CAST』 佐藤久美子/田村啓/葉栗里/村上仁美/山中奈津紀  
期間:2015.2.17 – 2015.3.13 

-------------------------
-------------------------

『ENSEMBLE CAST』
佐藤久美子/田村啓/葉栗里/村上仁美/山中奈津紀
(開催期間:2015.2.17(火)~2015.3.13(金))
 
5人のアーティストによるグループ展 『ENSEMBLE CAST』
タイトル『ENSEMBLE CAST』とは映画・演劇の表現法で、
「一つの場所に様々な人間模様を持った人々が集まり、そこから物語が展開する」
という方式であるが、
彫刻・絵画・版画・写真・インスタレーションと
アーティストそれぞれの表現法でタイトルの如く、
PIギャラリーに集結しアートと言うドラマを語ります。

皆様お楽しみ!!

期間:2015年2月17日(火) ~ 3月13日(金)
営業時間:火曜-金曜 11:00~18:00
     土曜12:00~18:30
     休廊:日曜・月曜
場所:PIギャラリー 
住所:〒456-0022 愛知県名古屋市熱田区横田2-2-9 倉庫1階
TEL/FAX:052-228-7587
Email:www.pigallery.com
 

 

————————————————-
◆佐藤久美子

1990年 岐阜県生まれ
2009年 岐阜県加納高等学校 美術科 卒業
2014年 愛知県立芸術大学 油画専攻 入学
現在  愛知県立芸術大学 油画専攻1年

————————————————————————————-
◆田村 啓 Akira Tamura

 略歴
2014 愛知県立芸術大学 大学院 彫刻専攻 修了
2011 信州大学教育学部美術専攻 卒業
1988 岐阜県生まれ

グループ展
2014 上畠アート2014、富山
   BLACK TICKET、トランジットビルギャラリー、愛知
2013 常滑フィールドトリップ、愛知
2012 松代現代美術フェスティバル、長野
   志賀高原ホテル アートに泊まる、長野
2011 上畠アート2011、富山
   SOUND COSMOS、岐阜
2010 上畠アート2010、富山

その他の活動
2014 他民党project、疑似選挙カーで全国を凱旋
2010 フリースペース豆蔵オープン、長野
   長野市地事業助成 ワークショプ集団MINIKURART 設立、長野
2009 アーティスト・イン・レジデンス善光寺界隈、長野

————————————————————————————

◆葉栗 里 

愛知県名古屋市出身
現在愛知県を中心に個展、グループ展等に参加
学歴/賞歴

2007 愛知県立芸術大学 美術学部美術学科彫刻専攻入学

2011 愛知県立芸術大学 美術学部美術学科彫刻専攻 卒業

 愛知県立芸術大学 桑原賞

 愛知県立芸術大学 博士前期課程彫刻領域 入学

 第6回 翔け!二十歳の記憶展 グランプリ

2012 愛知県立芸術大学 学生優秀賞

2013 愛知県立芸術大学 博士前期課程彫刻領域 修了

2014 第9回TAGBOAT AWARD 小山登美夫審査員特別賞

GEISAI♯20 猪子寿之審査員賞
   
GEISAI♯20 ポイントランキング9位
2015 横浜アートコンペティション 桑久保徹審査員賞

・葉栗 里

http://hagurisato.wix.com/hagurisato

—————————————————————————–

◆村上仁美

2013年 第1回三芸大学生選抜H/ASCA展 最優秀賞受賞
2013年 第13回学生限定立体アートコンペAAC2013 最優秀賞受賞
2014年 瀬戸市美術展 陶芸分野 入選

2013年 愛知県立芸術大学美術学部美術科彫刻専攻卒業
2013年 愛知県立芸術大学大学院彫刻領域入学 休学中
2014年愛知県立瀬戸窯業高校専攻科 在学中

 

活動内容
陶土を使い、少女像を主なモチーフとして人形・彫刻を制作。
自身の記憶や感情に起因した物語の世界観を表現しています。

————————————————————–

◆山中奈津紀

■経歴
1985 愛知県一宮市生まれ
2008 愛知教育大学中等教育教員養成課程美術専攻彫刻研究室 卒業
     愛知教育大学造形文化コース鋳造領域 科目等履修生
2009 愛知教育大学中等教育教員養成課程美術専攻版画領域 科目等履修生
2011 愛知県立芸術大学美術学部彫刻専攻 研究生
2014 愛知県立芸術大学美術学部博士前期課程彫刻専攻修了

■グループ展ほか
2008 第9回野外彫刻プロムナード展(知立市文化会館パティオ池鯉鮒)
2009 「交展」(名古屋市民ギャラリー矢田)
     立体造形展(国際デザインセンター・デザインギャラリー)
2010 「6つのかたち-6人の女の子によるガチンコ彫刻展」(アートスペースA-1)
     あいちトリエンナーレキッズトリエンナーレ講師(愛知芸術文化センター)
     第10回野外彫刻プロムナード展「ten stages」(知立市文化会館パティオ池鯉鮒)
2012 行動美術新人選抜展(東京井上画廊)
     常滑フィールドトリップ2012(常滑)
2013 常滑フィールドトリップ2013(常滑) ほか

■個展
2009 「ソラムクカタチ」(ギャラリー名芳洞)    
2010 「イマ ココ展」(ギャラリー名芳洞) 
      
■賞歴                             
2007 第60回 瀬戸市美術展 市長賞
2010 第65回行動美術展入選
2011 第53回 中部行動美術展 優秀賞
     第66回 行動美術展 新人賞
     第64回 瀬戸市美術展 大賞
     第11回 AACアートミーツアーキテクチャーコンペティション入選

 

---------------------------------------------------


PHOTO SESSION#3合同写真展 出展アーティスト募集中 
募集期間:2014.12.16 – 2015.2.23 

<お知らせ>

お陰様で募集定員に達しましたので予定より早くにはなりますが、
募集を締め切らせていただきました。

---------------------------

2015年春に開催します!!

PIギャラリー企画『Photo Session#3』合同写真展

テーマが自由と言うことでタイトルされた
『Photo Session』も来年で3回目を迎えます。
アーティストそれぞれの個性を生かした写真展、
オリジナルの世界を自由に表現してみませんか?
どなたでも参加可能のグループ展です。BIG Photo Sessionを作り上げましょう!

■募集要項
「PHOTO SESSION』とはノンジャンルで誰でも参加できる合同写真展です。
アーティストそれぞれの個性を生かした写真展、オリジナルの世界を自由に表現してみませんか?

■参加要項
テーマ自由
プロアマ・年齢不問・写真経験不問
フィルム、デジタル、モノクロ、カラー どちらでもOK。

■開催期間
2015年3月24日(火)~4月18日(土)
OPEN 11:00 CLOSE 18:00(火曜日~金曜日)
OPEN 12:00 CLOSE 18:30(土曜日)
日・月休み

■展示期間
20日間

■定員
20名程(20スペース)

■展示について
【展示スペース】
幅90cm×縦200cm(1スペース)
(2スペース以上の使用も可能です)
範囲内であれば作品のサイズは自由!点数は何点でもOK

【展示方法】
パネル、台紙張りまたは額装仕上げにしてください。
額装の展示はビスの打ってある1箇所にのみ飾って頂けます。
パネル、台紙張り展示は貼ってもきれいに剥がせる両面テープ等を使用していただきます。

■出展料
・1スペース 一般8000円/20日間 (DM料金込み)
学生5000円/20日間 (DM料金込み)

■応募締切り
2015年2月23日(月)まで

■お申し込み方法
件名を『Photo Session#3』としていただき、

下記項目を記入の上、下記アドレスまでメールをください。
追って詳しい内容を返信いたします。

gallery@paper-intelligence.com

1)お名前(本名・アーティスト名両方記載)
2)ご住所(郵便番号から)
3)携帯電話番号(緊急時に連絡のつく番号)
4 メールアドレス(携帯メアドは不可)
5)HPアドレス(お持ちの方)
6)希望展示スペースの広さ

皆様の応募をお待ちしております!!

■問い合わせ先
PIギャラリー
〒456-0022名古屋市熱田区横田二丁目2番9号 倉庫1階
TEL & FAX:052-228-7587
www.pigallery.com

今年も開催します!
50人の画家による展覧会
「PAINT50 VOL2」
2014年11月25日(火)~12月20日(土)
2014年PIギャラリー締めくくるBIGエキシビション!!
才能あふれる50人の画家たちがお届けする「PAINT50 VOL2」乞うご期待です!!
☆場所(Place):PIギャラリー
☆期間(Exhibition Term):2014年11月25日(火)~2014年12月20日(土)
☆入場無料(Addmission free)
OPEN:火曜日~土曜(Tue-Sat)
Time:火曜~金曜(Thu-Fri)(11時~18時まで)
    土曜(Sat)(12時~18時30分まで)
    
Close:日曜、月曜 (San.Mon)
☆クロージングレセプション(Closing Reception)
2013年12月20日(土)16時~18時まで
参加費:お一人様1500円(中学生以下のお子様は無料)
誰でも参加OK 
ささやかな飲食の振る舞いをご用意させていただきます。
PAINT50の作家の皆様とお客様で盛り上がり展覧会のお祝いをしましょう!!
皆様お誘い合わせの上ご参加お待ちしております。
連絡先
(Contact):PIギャラリー
      〒456-0022 愛知県名古屋市熱田区横田2-2-9
      Tel/Fax052-228-7587
      gallery@paper-intelligence.com
<アーティスト紹介>(50音順)
 
AZU
AYA
アヤミツヨシ
阿波かづさ
Angelica Lux
枝@豆
大崎 高裕
小木久美子
小野 秀信
小野池草介
Koharu 小春
上滝玲子
川瀬夏実
空遵
Satoshi Umezu 
貳來
指田容史子
さなだゆう
島貫めぐみ
ジミー・タナカ
kirik / hibernation
須原佐希子
tagiruka
DAISUKE HASEGAWA
田中孝林
谷島菜甲
津田翔一
津田直子
土田圭介
坪井香保里
テツコフ180
TORICA
にし りえ
ノムラカツキ
乃村 豊和
BABOW
ハッピー太陽画家小楠アキコ
ひゆうことは
古屋正成
まりりんご
MITOS
MIHO’S WORLD
宮川はづき
宮川マサアキ
宮地 行雄
安田 みな
ヤナセハルカ
ゆっくん
ROCO
Linda Kawakami
以上50名となります。



『あたまのなかでは、触れている』 鈴木一太郎展 
開催期間:2014.10.28 – 11.20 

東京ミッドタウンアワード2013のアートコンペで過去最年少にして
グランプリに輝いた鈴木一太郎氏の壮大な彫刻作品がPIギャラリーに登場します。

インターネット時代の彫刻を考えるアーティスト鈴木一太郎氏が
虚構と現実、物質とイメージに視覚で挑みデジタルと彫刻の融合を見せてくれます。

古代彫刻をバーチャルな世界で今の彫刻として表現する前代未聞のアートに触れて、
今と昔の彫刻の変化に驚嘆すると共に、
そこから生まれる感動は昔も今も変わらないことを私たちに教えてくれることでしょう。

圧巻の現代彫刻を是非お楽しみください。
 

『あたまのなかでは、触れている』 鈴木一太郎展
期間:2014年10月28日(火) ~ 11月20日(木)
営業時間:火曜-金曜 11:00~18:00
     土曜12:00~18:30
     休廊:日曜・月曜
場所:PIギャラリー 
住所:〒456-0022 愛知県名古屋市熱田区横田2-2-9 倉庫1階
TEL/FAX:052-228-7587
Email:gallery@paper-intelligence.com
 

<オープニングレセプション>
日時:2014年10月28日(火) 16:00~18:00

 
-------------------------------
<Profile>

鈴木一太郎
1988/4/10生まれ 26歳
岐阜県出身

2007 岐阜県立加納高等学校 卒業
2008 愛知県立芸術大学美術学部美術科彫刻専攻 入学
2012 同大学 卒業
愛知県立芸術大学大学院博士課程前期美術学部彫刻専攻 入学
2014 同大学院 卒業
   名古屋付属大学中学校にて非常勤講師として任用

主な受賞・活動歴
2013 Tokyo Midtown Award 2013 アート部門 グランプリ
サイバーエージェント 学生版モックアップアプリコンテスト 金賞
   愛知県立芸術大学 学校長賞
   愛知県立芸術大学修了制作 優秀作品賞
   岐阜県文化スポーツ功績賞 受賞
2014 ハワイ大学のアートプログラムに参加 同大学にて講演を行う
   六本木アートナイト2014 出展
   株式会社DMM.comの3Dプリント部門DMM.makeにおいて、記事を連載
   

その他・補足事項
 ホームページ (http://zerotaro.tumblr.com/)

 東京ミッドタウン関連の記事
  アートアワード2013年結果(http://www.tokyo-midtown.com/jp/award/result/2013/index.html)
  グランプリ受賞者インタビュー(http://www.tokyo-midtown.com/jp/award/voice/art03.html)

 DMM.makeの連載記事 (https://media.dmm-make.com/item/1337/)

 


LOVE&PEACE PITS exhibition
開催期間:2014.9.30 – 10.24

LOVE&PEACE PITS exhibition 2014.9.30-10.24

ストリートでも際立つ力強さを兼ね備え、
アート手法として一つのジャンルを確立しつつあるステンシルアート。
彼が放つユーモアがあり風刺的な作品の数々は思わずクスッと笑いがこぼれ、
更にはストリートアートの芸術性の高さを私たちは認識すると思います。
テクニック・スピリッツを兼ね備えたステンシルアーティストPITSがお届けする
LOVE & PEACEをお楽しみください。

期間:2014年9月30日(火) ~ 10月24日(金)
営業時間:火曜-金曜 11:00~18:00
     土曜12:00~18:30
     休廊:日曜・月曜
場所:PIギャラリー 
住所:〒456-0022 愛知県名古屋市熱田区横田2-2-9 倉庫1階
TEL/FAX:052-228-7587
Email:gallery@paper-intelligence.com
 

<オープニングレセプション>
日時:2014年10月4日(土) 15:00~18:00
会費無料・どなたでも参加OK
お誘い合わせの上皆様のご参加お待ちしております。
PITS氏と共にアートについて語り合いましょう。 

-------------------------------------
<Profile>

PITS(ピッツ)

1980年愛知生まれ。グラフィティ/ステンシルアーティスト。
たいくつな世界を刺激的にしたいという意を込めて“PITS”と名のり、
2005年より活動を開始する。
学校などでアートを学んだ経験はなく、ストリートで培ったユーモアとセンス、
独学で身につけた巧みなステンシル技術により、独創的なメッセージ作品を描く。

2005年 ストリートにてグラフィティ活動を開始。
2010年 NOISEKING主催のグループ展「vs. Warhol」でキャンバス作品を発表。
2010年 個展「The Stencil Arts」を開催。
2012年 ファッションブランド「DISCROWN」を設立。

http://www.pitsking.com/

http://www.discrown.jp/


馬場かおり展 -呼吸する絵の具-
開催期間:2014.9.2 – 9.26

馬場かおり展 -呼吸する絵の具-

タイトル「呼吸する絵の具」の如く
彼女の作りだす色彩の世界には呼吸=生を感じ、
こだわり抜いた色使いには独特のセンスが光ります。
具体的なモチーフを用いずに四角形やストライプで描かれる作品数々、
色彩の協和、不協和や絵の具の物質感がより感じ取ることが出来き、
『色と形』の大きなテーマは、心の動きや精神性を作品の中で見出すことが出来るでしょう。

期間:2014年9月2日(火) ~ 9月26日(金)
営業時間:火曜-金曜 11:00~18:00
     土曜12:00~18:30
     休廊:日曜・月曜
場所:PIギャラリー 
住所:〒456-0022 愛知県名古屋市熱田区横田2-2-9 倉庫1階
TEL/FAX:052-228-7587
Email:www.pigallery.com
 

<オープニングレセプション>
日時:2014年9月6日(土) 16:00~18:30
会費無料・どなたで参加OK
お誘い合わせの上皆様のご参加お待ちしております。
馬場かおり氏と共にアートについて語り合いましょう。 

————————————————————————————–
-Profile-

馬場 かおり/ Baba Kaori
1991 長崎県生まれ
2009 長崎日本大学高等学校デザイン美術科 卒業
2013 愛知県立芸術大学美術学部美術科油画専攻 卒業
    同大学大学院 美術研究科博士課程前期 美術専攻 油画•版画領域 入学
2014 同大学大学院 美術研究科博士課程前期 美術専攻 油画•版画領域 在籍中
活動
2010 「PACARATZ 展」 (愛知)
2011 「わくわくSHIBUYA」(東京)
2013 「アートラボあいち『落石計画』クロニクル 2008-2015」(愛知)
2013 「ながくてアートフェスティバル 2013」(愛知)
2013 「 PAINT50 展」(愛知)
2014 「 第 88 回国展 絵画部企画展示『新しい眼-若手作家の挑戦状-』」(東京 / 愛知)
2014 「 クリエイターズマーケット」(愛知)


PAINT50 Vol.2 出展アーティスト大募集
募集期間:2014.7.31 – 8.31


■募集要項
『PAINT50』とは平面作家50人によるグループ展です。
■募集内容
テーマは自由、本人の作品であること。平面作品に限る。
油彩画、水彩画、クレパス画、パステル画、アクリル画、
版画、日本画、水墨画 等 (※CGは対象外です。)
■参加資格
プロアマ・年齢不問
2年以上アートの勉強をしてきた方
■開催期間
2014年11月25日(火)~12月20日(土)の20日間
OPEN  11:00 CLOSE 18:00(火曜日~金曜日)
     12:00 CLOSE 18:30(土曜日)
CLOSE 日曜・月曜休み
■定員
50名様(50スペース)
■応募締切
8月30日まで 第一次募集 定員になり次第終了
■展示について
【サイズ】幅90cm×縦90cm位までの作品を1人1作品
【展示方法】 額装・キャンバス
■出展料
無料
■特典
ギャラリー賞として2015年にPIギャラリーにて個展開催権
■お申し込み方法
件名を『PAINT50 Vol.2』として頂き、下記項目を記入の上、
下記メールアドレスまでメール下さい。
追って詳しい内容を返信致します。
gallery@paper-intelligence.com
<<<必須要項下記5項目>>>
1)お名前(本名・アーティスト名両方記載)
2)ご住所(郵便番号から)
3)携帯電話番号
4)メールアドレス
*3)4)は緊急時にすぐに連絡のつく連絡先であること
5)作品が拝見できるHPまたは作品の写真を添付

連絡先 PIギャラリー
〒456-0022 名古屋市熱田区熱田2-2-9 倉庫1階
TEL/FAX: (052)-228-7587
gallery@paper-intelligence.com
www.pigallery.com


湯沢英治「REAL BONES N」
開催期間:2014.7.22 – 8.15


動物の骨にフォーカスを当て生命の神秘をアートとして表現する『REAL BONES』
自然界が初めて作り上げた美しい彫刻は生物の骨だったのではないかと思えるほどの造形美をフィルターを通して魅せてくれます。
アートとして骨をとらえた湯沢英治作品の数々は見る者を魅了し生物の可能性を私たちに教えてくれるでしょう。
■開催期間
2014年7月22日(火)~8月15日(土)
火曜日~金曜日 OPEN 11:00 CLOSE 18:00
土曜日     OPEN 12:00 CLOSE 18:30
日・月休み
アーティストトーク&オープニングレセプション
26日16時~ 参加火1000円(ドリンク含)
定員30名程、当日参加可、予約は下記アドレスまで
gallery@paper-intelligence.com


Banknotes 大和田 良
開催期間:2014.6.3 – 6.28


遠い外国の古い紙幣は、観察してみると完成度の高いグラフィックを感じさせた。
情熱、希望、訓戒、歴史、風土といったそれぞれの表す情報。幾何学的な文様。
紙の質感。文字の機能性。それらが一体となった一枚の紙幣に光を透かし、観察する。
被写体としての紙幣は、写真の持つ記録性を十分に発揮するものだった。
その記録が続く中でまとめられたのがこの「Banknotes」シリーズである。
-大和田 良
■開催期間
2014年6月3日(火)~6月28日(土)
火曜日~金曜日 OPEN 11:00 CLOSE 18:00
土曜日     OPEN 12:00 CLOSE 18:30
日・月休み
アーティストトーク&クロージングレセプション
28日17時~ 参加火1000円(ドリンク含)
定員30名程、当日参加可、予約は下記アドレスまで
gallery@paper-intelligence.com


PHOTO SESSION vol.2
開催期間:2014.4.29 – 5.24


『PHOTO SESSION』とはノンジャンルで誰でも参加できる合同写真展
■開催期間
2014年4月29日(火)~5月24日(土)
火曜日~金曜日 OPEN 11:00 CLOSE 18:00
土曜日       OPEN 12:00 CLOSE 18:30
日・月休み  (最終日は17時終了)


CHIC CHICKS
開催期間:2014.3.25 – 4.19


タイトル『CHIC CHICKS』とは?
CHIC(仏・シック)
垢抜けた・おしゃれな・粋な
CHICK(英・チック)
雛・ヒヨコ・若い女性
作品のみならず、彼女たち自身そしてライフスタイルをも影響を与えるトータルクリエイター。
現在を斬新に生き、未来を牽引するアート界の雛たち・・
そんなパワフルに生きる現代女性アーティスト4名に
スポットを当ててみました。
■参加アーティスト
植松ゆりか
mai akashi
masenami
楊 珪宋(よう けいそう)


exhibition Z “the Last Supper” TAIXHI*KYPAHAΣHI
開催期間:2014.2.6 – 2.28


H.A.A
pop up shop
2014/2/22~2/28
今回、初となる名古屋での個展は新作に加え、昨年一年にわたって制作・展示をしたzineシリーズの終結に向けた集大成でもあります。
作品・ZINE・Tシャツなどのグッズも販売致します。
また、ファッションレーベル「H.A.A」との3月に行う合同展の告知として今回の展示期間中にH.A.Aの限定SHOPが開かれます。
是非ともお越しください。
【TAIXHI*KYPAHAΣHI/Taichi Kurahashi】
アーティスト名「TAIXHI*KYPAHAΣHI(タイチクラハシ)」として活動中。

http://taichikurahashi.tumblr.com/

【H.A.A/HELSINKI ANTIKLAFT AUTOBAHN】
H.A.A(ヘルシンキ・アンチクラフト・アウトバーン)
2010年設立。大阪を拠点に、関西のみならず東京・ベルリンなど幅広く活動する要注目レーベル。

https://www.facebook.com/pages/HAA/118627118168340

PIギャラリー年末年始休廊のお知らせ

今年は12/21(土)が営業最終日となります。
12/22(日)〜2014年2/3(月)まで休廊させていただきます。
2014年、年始は2月4日からの営業とさせて頂きます。

来年もより一層の素晴らしい展示、企画、商品を取り揃えて
皆様に楽しんでいただける空間作りに心がけてまいります。
来年も変わらずPIギャラリーをご愛顧賜りますようお願い申し上げます。


“PAINT 50″

今回初めての試みとなりますPIギャラリー合同絵画展。
Title『PAINT50』とは新進気鋭の53人の画家たちが集結し平面絵画にこだわった表現自由なノンジャンルの企画展です。
53人の才能溢れるアーティスト達が個性を最大限に生かし、絵画に対する情熱を作品に表現します。
愛知から世界へ活躍するアーティストへとなることも夢ではない、そんな彼らの意気込みをどうぞ『PAINT50』で感じてください。
出演アーティスト(50音順)
赤木さゆり        高津ゆい            masenami
akatomo          タキナオ            松並麻由子  
秋良美有         竹内秀和             松野真里亜
Arai Satomi        月末よしみん          mami
Angelica Lux       TORICA             真弓美砂 
枝@豆          十和田            まりりんご
Eddy Lizar        Natsuko Poe          MITOS
emo            NALU-ZION a.k.aユカリリィ   MIHO’S WORLD MIHO
大崎高裕         BAUM            宮地行雄
片桐 朱野         橋本 大            やすだわたる
川瀬大樹         橋本正秀           山下千賀
川瀬夏実         馬場かおり           Yooco
倉内梨沙         Pablo Mesa          吉村理華
佐野田 翔太        春駒             Rie☆
ジミー・タナカ      PITS             Rikako
杉浦良平         舩田倫未           Linda Kawakami
Daisuke Hasegawa      hokori            Roco
Ta-co           mai Akashi



”空遊ファンタジー” 七色 思夏期
開催期間:2013.11.5 – 11.9


”ENGYOKU” TOMOHIRO MURAMATSU
開催期間:2013.10.8 – 11.1


”citizen of the world” mitos solo exhibition
開催期間:2013.9.6 – 10.4
レセプション 9.14 15:00-18:00


”BINBOI” RYOHEI SUGIURA EXHIBITION
開催期間:2013.8.13 – 9.6
レセプション 8.17 15:00-18:00



PIgallery Select Artist Exhibition
開催期間:2013.7.9 – 8.1
閉廊日:7.25(木)


■セレクトアーティスト
Tenteng (PHOTOGRAPHER)
MITOS   (PAINTER)
杉浦良平  (PAINTER)



写真家森一生、書家渡部裕子 「色ーその存在ー」ポートレイト、一字書、立体書、写真と文字の融合映像
開催期間:2013.6.11 – 7.6


その写真。その文字。微笑んでいるように見えるかもしれない。何かしら怒っているように見えるかもしれない。
・・一体何に?
今回の「色ーその存在ー」は、三十年間ポートレイトを撮り続けてきた写真家の森一生と
一字書、立体書を中心に活動してきた書家の渡部裕子との作品がとけあった、初の企画展
です。光と彫の隙聞に見え隠れする色、写真と文字が呼応した瞬間に生まれ、あなただけ
が感じた色の存在を、甘く辛く読み解いてください。


重ねる昨日と明日展 赤木さゆり写真コラージュ作品展
開催期間:2013.5.14 – 6.8


岡山県立大学大学院デザイン学研究科修了
現在、名古屋を拠点に写真コラージュ作家として活躍中



http://ticktacktoe.jp/


pablomesa solo exhibition big engorile in japan
開催期間:2013.4.16 – 5.11


1981年 生まれ、スペイン・マドリード出身
2000年 ESDIPにてイラストレーションを専攻、IEDにてグラフィックデザイン、映像等様々なメディア表現方法を学ぶ
2005年 雑誌『blankmgz』創刊、企画・編集業務に携わる他、自らもアーティストとして作品を発表。
2006年 フリーランスのデザイナーとして活動、ロゴ、フライヤー制作、レストラン等の店舗デザイン
2009年 ELLEスペイン版のDIY企画で自身の作品を発表
VOGUE主催『FASHION’S NIGHT OUT 2009 MADRID』でMISSONIの店舗装飾をプロデュース
2010年 人類進化博物館のディスプレイを制作
クリスチャーノ・ロナウドが出演したTIME FORCE社のTVCMの脚本チームとして参加
マドリード水道局のTVCMには自らが出演してライブペイントを披露


PHOTO SESSION
開催期間:2013.3.19 – 4.13


『Photo Session』合同写真展
表現自由なノンジャンルでの今回の企画はアーティスト陣が個性を最大限に表現し、写真の世界を限りなく繰り広げる。
一度に多くのアーティストの作品が楽しめるので是非皆様この機会に足をお運びください。
■開催期間
2013年3月19日(火)~4月13日(土)
3/23(土)16:00~18:00までオープニングレセプション
OPEN 火曜-金曜 11:00 18:00
土曜 12:00 18:30CLOSE 日・月休み
■出演アーティスト(アイウエオ順)
EBERSOLD CHRISTOPHER BLANE/オかだ
aUne tache aveugle/木村愛里
高殿浩/masako/三浦俊裕/水川画果南
村川はる/森洋生/ゆづこ/太田智也


From 0 Farewell
開催期間:2013.2.19 – 3.16


From 0 Farewell」Kasumi solo Exhibition
レセプション2月23日(土)13時~18時までPIギャラリーにて行います。
入場無料/飲食有料・誰でも参加OKです。
■Artist Profile
ITO KASUMI
1984年 愛知県生まれ
学歴
2007年 大阪芸術大学彫刻科卒業
2010年 デュッセルドルフフランクフルトアカデミー 聴講生
個展
2007年 Wild Circle 2007(Gallery K/東京)
2008年 『知性の感触2008それぞれの他者』( Gallery K/東京)
    solo exhibition( NODA CONTEMPORARY/愛知)
受賞歴
2005年 京都ジェムケリー・社長賞
2006年 Art JAM 2006入選
2007年 大阪芸術大学卒業制作展・学長賞
メディア掲載作品
2007年 Flash Art International July-September(イタリア)



『wire』 Baum
開催期間:2013.1.22 – 2.16


WINTER CIRCUS Matsunami Mayuko展
開催期間:2012.12.04 – 1.19


TA-CO展
開催期間:2012.11.20 – 12.1


アメリカ留学のとき初めてtattoo を入れ
カナダ、イギリス、ノルウェー、オランダ、ジャマイカ、メキシコ、タイ、インドと
旅をしながらtatoo修行
原宿のCATSTREET出身。名古屋に6年目。
湘南shy’zyogaの節子先生の元でyogaに出会える。
今はyogaの恩恵を全ての人に受けてほしく、様々な形で活動。
明日からもっと笑顔が輝きますように。
レセプション 12.1 SAT 12:30 – 18:00
入場料: ¥2000 with 1drink


L’Atelier de Paris 後藤 純 石版画展
開催期間:2012.10.9 – 11.3


秋のパリがとっても似合うリトグラフ作品の数々。
はっきりした表現のアメリカに対して、
つかみどころの無い曖昧な感じのフランスの遊び心を、
後藤純作品にはとても良く現れてると思います。


杉浦良平展示会「BAT 21」
開催期間:2012.9.11 – 10.6


杉浦良平 RYOHEI SUGIURA 1986年愛知県生まれ
名古屋造形芸術大学卒業。イラストレーター。
幼少の頃よりスケートボード、映画、モンスターから影響を受ける。
Ryohei Sugiura is an illustrator born in Aichi in 1986.
Since his childhood, he was inspired by skateboarding, movies,and monsters,and started to get into drawing.


mitos solo exhibition「僕の秘密基地」
開催期間:2012.7.10 – 8.4


TOTAL ART/CONTEMPORARY ART EXHIBITION
開催期間:2012.6.12 – 7.7


大名古屋自転車風俗展示会
開催期間:2012.5.29 – 6.8


OPENING RECEPTION 6.2 SAT 18:00 – 21:00
自転車好きはPIGalleryに大集合!
作品はすべて自転車に関するものばかり。
出展者はメッセンジャー現役レーサー、ストリートライダー、バイクポロプレーヤー、街乗りと幅広く参加。
出展者に共通することは「自転車が大好き」ということ。
熱きバイカーたちの思いを体感しにきて欲しい。


PLANET 小山田邦哉写真展
開催期間:2012.5.1 – 5.26


戦争跡地、世界遺産、大都市のビル群。
誰もが知っている世界の観光名所の地平線上を黒く塗りつぶし、
歴史的背景や町並みを消し去り地表面だけを露呈させてみた。
ここは地球か、どこぞの惑星か?


蒲優祐展覧会- KABA YUUSUKE EXHIBITION -
開催期間:2012.2.14 – 3.10


東海を中心にグラフィックデザイン、イラストレーション、子どもとのワークショップを中心に活動している「ゴキゲンに楽しく、人を笑顔にさせる」ローリングハイパーアーティスト。 原画20点の展示を始め、今回はオリジナルTシャツ製作会社、ファッションデザイナーとのコラボレーション作品も展示。 さまざまな作品をお楽しみ下さい。


光景 佐藤博文写真展
開催期間:2011.12.20 – 2.4